2008年07月24日

娘を介護する老夫婦を支えて

看護現場からの発信
勤医協新聞2008年6月11日号より。1.83MB(04:00)
余市診療所スタッフ



勤医協余市診療所は昨年3月末から無床診療所となりました。急性増悪や夜間不安を訴える患者さんには、経済的状況や家庭背景などを踏まえながら、訪問看護をすすめ療養を保障しています。

続きを読む
posted by kin-ikyo at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

安心と信頼を高める「モジュール看護」

看護現場からの発信
モジュール看護
勤医協新聞2008年5月11日号より。1.7MB(03:42)


 私たち4病棟(勤医協札幌病院)では、2007年からスタッフ数人ずつでモジュール(班)をつくり患者に退院まで継続的な看護を提供していく、モジュール型継続看護方式や患者参加型看護計画を導入しています。モジュールチームで患者さんと家族の闘病を支えたAさん(60歳台、男性)の事例を紹介します。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

看護現場からの発信 透析患者のQOLを支えるフットケア

看護現場からの発信
人工透析室スタッフ
勤医協新聞2008年4月11日号より。1.67MB(03:39)

 勤医協の透析医療は30年の歴史を歩み発展してきました。現在も中病透析室開設当初からの患者さんが通っています。

続きを読む
posted by kin-ikyo at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

看護現場からの発信 「あきらめない」中断フォローの大切さ

看護現場からの発信
看護現場からの発信 あきらめない中断フォロー

勤医協新聞2008年3月11日号より。1.6MB(03:30)


 苫小牧病院外来では、毎月、中断チェックや気になる患者へのフォロー活動を、電話やハガキ、訪問で、行っています。今回Aさん(30代、男性)の事例を紹介します。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

看護現場からの発信 粘り強い看護・介護の力

看護現場からの発信
看護現場からの発信 勤医協西区病院3病棟
「粘り強い!」勤医協西区病院3病棟のみなさん

勤医協新聞2008年2月11日号より。1.60MB(03:30)


 本人の病態や介護力の面から在宅復帰は困難かと思われましたが、家族の思いを受けて安全な在宅生活を追求し、退院につなげた2つの事例を紹介します。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

看護現場からの発信「夫と一緒に暮らしたい」願いかなえて
勤医協老健柏ヶ丘療養生活部

看護現場からの発信
勤医協新聞2008年1月11日号より。1.59MB(03:29)

 昨年10月、当施設に4年間入所されていたSさんが、念願かなって自宅に帰ることができました。

 Sさんは2003年に脳梗塞を発症、左半身に麻痺が残り、車椅子中心の生活を送っていました。Sさんはご主人と二人暮らしを強く望んでいましたが、85歳のご主人も、何とか歩行しているような状態で、ヘルパー・配食サービスを利用しており、私たちは、ご夫婦二人での在宅生活は困難と考えていました。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

勤医協札幌丘珠病院1病棟
 100歳でも認知症でも胃瘻で元気

看護現場からの発信
勤医協丘珠病院スタッフ
勤医協新聞2007年11/11,12/11合併号より。1.64MB(03:35)


 今年度、高齢で認知症を抱えながらも胃瘻を造設した患者・家族へのフォロー活動に取り組んでいます。

 現在、自宅で長男夫婦と暮らすMさん(100歳、女性)は今年3月、胃瘻を造設しました。それまでは「口から食べる事で頭や手、口を動かすことが大事」とお粥やお茶にトロミをつけて食べていましたが、誤嚥性肺炎を繰り返すことから、主治医は 「もう口から食べる事は無理。点滴か胃瘻造設を」と家族へ説明しました。家族は 「点滴では短期入所施設や通所は断られる。長く家で看ていきたい」と胃瘻を選択しました。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

勤医協札幌病院3−2病棟
 高次脳機能障害を抱えるAさんへの看護実践

看護現場からの発信
勤医協札幌病院3-2病棟のみなさん
勤医協新聞2007年10月11日号より。1.71MB(03:43)

 元銀行員だったAさん(50歳)は、急性心筋梗塞発作で倒れ、脳挫傷を受傷。「高次脳機能障害」を抱え、事故から約1ヵ月後に転院して来ました。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

もみじ台内科診療所
 精神疾患を抱えるMさんへのインスリン導入

看護現場からの発信
Mさんとスタッフ
勤医協新聞2007年9月21日号より。1.64MB(03:35)

 2型糖尿病で当診療所通院中のMさん(男性、38歳)へのインスリンの導入実践を報告します。続きを読む
posted by kin-ikyo at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

患者参加型看護計画の実践

看護現場からの発信
勤医協中央病院5東スタッフ
勤医協新聞2007年8月11日号より。1.5MB(03:16)


 私たち中央病院5東病棟では、看護師1人が年間5例以上のプライマリー看護師(※1)になり、患者さんや家族と目標を共有しあえる「患者参加型看護計画(※2)」を実践することを病棟の目標にしています。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

とまこまい訪問看護ステーション
  訪問看護にはいろんな人生との出会いがある

看護現場からの発信
苫小牧訪問看護ステーションのスタッフ
勤医協新聞2007年7月11日号より。1.76MB(03:51)


 今年14年目を迎える苫小牧市内で最も歴史のある「とまこまい訪問看護ステーション」からの発信です。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

北区病院ぽぷらクリニック往診チーム 往診日誌を活用して

看護現場からの発信

勤医協新聞2007年6月11日号より。1.57MB(03:26)

 北区病院ぽぷらクリニックでは、週2回 新琴似地区を中心に約30人の往診患者さんを診ています。平均年齢80歳代の後期高齢患者さんや終末期で受診することが困難な患者さんなど様々です。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

浦河診療所 「在宅で最期を」 Aさんを支え続けた5ヶ月

看護現場からの発信
Aさんを支えた浦河診療所のスタッフ
勤医協新聞2007年5月15日号より。6.66MB(03:48)



posted by kin-ikyo at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

中央病院 ICU せん妄予測アセスメントシートを活用して

看護現場からの発信
ICUのスタッフ
勤医協新聞2007年4月11日号より1.87MB(04:04)
posted by kin-ikyo at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

人工呼吸器を装着せず自分らしく懸命に生きぬく患者を支える看護

看護現場からの発信11
看護現場からの発信11写真
勤医協西区病院第1外来

(勤医協新聞2007年3月11日号より。3分56秒)
posted by kin-ikyo at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。