2010年12月07日

健康ウォッチ 本当に大丈夫?そのサプリメント

勤医協中央病院 薬剤部 清水美由希 薬剤師

サプリメントとは、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品です。ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様ざまな種類があります。世の中が健康志向であり、スーパーなどで簡単・気軽に購入できるサプリメントを利用する人が増えています。

■サプリメントと薬の違い

薬は病気を治療するためのものなので、効果を重視して作られています。そのため、効果があるかどうか(有効性)、安全であるかどうか (安全性) など、きちんとチェックされ、国から認可されています。

一方、サプリメントは健康の維持や増進のために利用される食品であり、形は薬に似ているものもあります。

しかし、あくまでも「食品」 なので、病気を治すことを期待してはいけません。薬のように有効性や安全性などのデータがきちんとそろっていないものがほとんどです。

■サプリメントによる健康被害

サプリメントには副作用がないように思われがちですが、「クスリじゃなく自然食品だからカラダに良い」 と気軽な気持ちで摂取したため、健康被害がでているものも多くあります。

健康被害の原因は、サプリメント自体が原因の場合や、身体に合わない、また用法用量を守らずに過剰摂取してしまったなど様ざまです。「天然の有効成分のみを抽出した自然食品」などと宣伝されているものもありますが、抽出したことにより濃度が濃くなり、大量摂取することとなり健康を害する可能性もあります。

テレビコマーシャルや通信販売などで語られる体験談などの情報を鵜呑みにすることはとても危険です。紹介されたサプリメントによる健康被害(下記) は、いろいろと報告されています。ある中国製のダイエット目的のサプリメントには食欲抑制薬や、日本では未承認の肥満治療薬が入っていたために、めまい、嘔吐、下痢、腹痛、動悸などの被害が相次ぎ、死亡者もでました。

■薬を服用している人は要注意

サプリメントと服用している薬が合わない場合があります。サプリメントや食品により、薬の作用が強まったり弱まったりすること (相互作用)があるからです。

例えば、ワーファリン(血栓ができないようにする薬) を飲んでいる人は、クロレラや、青汁、納豆を絶対に摂ることはできません。その理由は、これらを摂取することでワーファリンの作用を弱めてしまい、血栓ができやすくなるためです。

サプリメントは上手に活用すれば栄養を補うことができますが、健康被害や相互作用を起こすものもあります。サプリメントを使用する際はかかりつけの医師・薬剤師に相談することをおすすめします。


★ 代表的なサプリメントによる健康被害の報告例 ★

◎ウコン(肝臓の機能を高めるといわれている)
・肝機能障害、黄疸、肝不全が報告されています。日本で発生した健康食品による肝障害の原因の4分の1を占めるといわれています。

◎クロレラ(免疫力を高める、コレステロール・糖質の吸収を抑えるといわれている)
・日光過敏症、吐き気、下痢、腹部膨満感などの消化器症状(クロレラの細胞壁は厚いため吸収されにくい)が報告されています。

◎プロポリス(ミツバチが巣を殺菌、修理、防御するため植物の樹液と唾液などの分泌物を混ぜた蜂ヤニで、がんに効く、抗菌作用があるといわれている)
・皮膚炎、肝障害が報告されています。

(北海道勤医協友の会新聞 2010年12月1日号より)
posted by kin-ikyo at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

健康ウォッチ インフルエンザは早めに予防を

勤医協中央病院副院長 高桑良平 医師

インフルエンザは、突然現れる高熱、頭痛、関節痛など全身の症状が強いのが特徴で、肺炎などを併発し重症になることがあります。特に高齢で呼吸器などに慢性の病気をお持ちの方には十分な注意が必要です。今回、中央病院の高桑良平副院長に今年のインフルエンザの動向と予防などについて聞きました。

■また流行の季節が

昨年は春に新型インフルエンザが発生し、夏場も流行し、ワクチンが不足して秋から冬にかけても大忙しでした。行政の対応も遅れ気味で、それに病院が振り回されるように対応に追われる1年でした。それに引き替え、今年の夏はインフルエンザ騒動もなく、穏やかに過ごすことができました。

WHO (世界保健機構)は昨年の春から、新型インフルエンザを 「国際的に重要な公衆衛生上の事例」 として「パンデミック(汎発流行または世界流行)」という言葉を使用していましたが、今年の8月10日にそれを解除しました。はっとしたのもつかの間、暑かった夏が終わり、また、インフルエンザの季節がやってまいりました。

■今年の流行型は

さて、今年のインフルエンザは、昨年流行した新型インフルエンザ(H1N1)とA香港型(H3N2) とB型の流行が予想されています。新型インフルエンザは、昨年感染しなかった人も多数いるため、流行する可能性はまだまだ高いと予想されています。

■ワクチン接種について

勤医協の病院や診療所では、10月1日から今年もインフルエンザワクチンの接種を行っております。今年のワクチンは昨年のように2種類を打つ必要はなく1種類で済みます。数量も十分な量が製造されており、希望者にはお待たせすることなく接種することが可能です。

1歳未満では接種しても十分な免疫が得られない可能性が高いので対象にはなっていません。1歳以上のすべての人がインフルエンザワクチンを接種することが推奨されます。ただし、ワクチンは、感染や発病を完全に押さえるものではなく、重症化の予防です。65歳以上の接種に補助をしている自治体もありますので、最寄の医療機関などで確認して下さい。

持病のある方や、高齢の方は肺炎球菌ワクチンの接種も推奨されています。

■感染予防について

予防の基本は、例年と同じです。睡眠や栄養などに注意して体力を維持することです。

マスクの着用も重要です。昨年は、町中でもマスクを着用した人を多数見かけました、私は、そのことが、感染をずいぶん減らしたのではないかと考えます。手洗いも重要ですが、手ぬぐいの共用では感染することもあるので注意が必要です。うがいはあまり重要とは思いませんが、無駄ともいえません。ただし、うがいのコップの共用は危険です。

数十年に一度のパンデミックの翌年ということもあり、今シーズンのインフルエンザが、どのような流行となるのか、実際のところは予想が難しいと思います。

早めにワクチンを受けて、もし感染を疑ったら、マスクや手洗いを励行しながら、病院に相談することをおすすめします。

手の洗い方

(北海道勤医協友の会新聞2010年11月1日号より)
posted by kin-ikyo at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

健康ウォッチ 安全で効果的な温泉の入り方

(株)勤医協在宅 勤医協東在宅総合センター長 室田ちひろ看護師

秋も深まり、温泉が心地良い季節になりました。各地の友の会では「湯けむりツアー」や「観楓会」など、温泉に入る行事が予定されています。みなさんが楽しみにして入る「温泉」です。気持ちよく安全に入ることができるようにしたいものです。今回、温泉の入り方で注意することをお知らせします。

■持病がある方は

私自身、貧血・低血圧なので長湯をすると、すぐのぼせ、湯あたりしてしまうため、自分自身で注意している点も含めてお伝えしたいと思います。心臓や肺の弱い方、高血圧の方、高齢者の方は、特に注意して温泉に入りましょう。

■焦らずゆっくりと

浴槽に入る前はお湯の温度に身体を慣らすために、かけ湯をしましょう。足から腰、肩、胸の順でかけて体を慣らしていきます。これを行うと急激に血圧が上がるのを防ぐことができます。

首までしっかり入るのは、心臓の負担が大きくなり、また水圧で肺の容量も少なくなります。みずおちあたりまでお揚につかる半身浴で、ゆっくりのんびりとした入浴にできます。浴槽の縁に頭を乗せて体を浮かせて横たわるのも、水圧の影響をあまり受けずリラックスして入ることができます。

入浴する時間は額に汗がにじむくらいのほどほどの時間が良いでしょう。汗が流れ出るほどの長湯は危険です。額に汗がにじんできたら、浴槽のふちに腰をかけて足だけを湯につける、または洗い場で一休みするなど、休憩をとりましょう。

■水分補給と休憩を

一度の入浴で浴槽に入るのは2〜3回にとどめましょう。5回以上入ると、湯あたりする発生率が急激に増加すると言われています。2度目以降の入浴のときには筋肉や関節がやわらかくなっているので、お湯の中で筋肉や手足の関節を十分動かしましょう。

入浴後は、シャワーを浴びてしまうと薬効成分が流されてしまうので、タオルで体を軽く拭くようにすると温熱効果も持続します。お茶やスポーツドリンクなどを飲み、水分をしっかり補給しましょう。

入浴はエネルギーをとても消費し、血圧も変動するので、体調が安定するまで少なくとも30分以上は休憩をとりましょう。


■飲酒・食事直後は×

お酒を飲んだら入浴は絶対にやめましょう。温泉に限らず、お酒を飲んだら入浴をしてはいけません。

お酒も入浴も、ともに血管を拡張させ血液の循環をよくする働きがあり、血液は大量に皮膚表面へ移動して脳の血流が減少し、脳貧血を起こしやすくします。心拍数も増加させ心臓発作を起こしてしまう危険性があります。

入浴しながらの飲酒はもってのほかです。さらに転倒の危険性が増し、溺死の危険性もあります。

食事直後の入浴もさけましょう。入浴すると血流が促進され、毛細血管にまで血液がめぐります。これにより、食後本来は胃や腸に流れるはずの血液が減ってしまい、消化・吸収が低下してしまいます。

また、お湯の圧力が胃を押し上げるので、食物が胃から腸に移動しにくくなります。食後は30分から1時間の休息をとり、ぬるめの湯に入ることをおすすめします。できましたら食前に入浴しましょう。

■転倒などに注意

温泉施設の浴室は、スペースも広く温泉成分で床が滑りやすく、転倒しやすい環境にあります。

また、何らかのはずみで浴槽内でおぼれてしまうこともないわけではありません。持病がある方や高齢の方になれば、急激な体調の変化も考えられます。

できればおひとりでの入浴は避け、なにかあってもすぐに対応できるようにしておくことをおすすめします。

温泉の入り方のチェックポイント
1.まずは、かけ湯をしよう
2.入浴する時間はほどほどに
3.一度の入浴で浴槽に入るのは2〜3回にしよう
4.薬効成分を落とさないよう、入浴後は体をタオルで軽く拭くだけに
5.入浴前後には水分補給を
6.飲酒後は絶対入浴しない
7.食事直後の入浴はさけよう
8.転倒に気をつけ、できれば一人だけでの入浴はさけよう


(北海道勤医協友の会新聞2010年10月1日号より)

温泉の入り方のチェックポイント
1.まずは、かけ湯をしよう
2.入浴する時間はほどほどに
3.一度の入浴で浴槽に入るのは2〜3回にしよう
4.薬効成分を落とさないよう、入浴後は体をタオルで軽く拭くだけに
5.入浴前後には水分補給を
6.飲酒後は絶対入浴しない
7.食事直後の入浴はさけよう
8.転倒に気をつけ、できれば一人だけでの入浴はさけよう

ラベル:温泉 入浴
posted by kin-ikyo at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

健康ウォッチ「プライマリ・ケア」のはなし

勤医協札幌クリニック院長 加藤達也医師

内科や小児科など診療科の垣根を越えて、幅広く診療に当たる「プライマリ・ケア」と呼ばれる医療に注目が集まっています。言葉をテレビや新聞などで目にすることも多いと思います。今回は、「プライマリ・ケア」を専門としている札幌クリニックの加藤達也院長にお聞きしました。

◆プライマリ・ケアとは

私が専門としている 「プライマリ・ケア」は「かかりつけ医」 「家庭医」 「総合診療医」ともほとんど同じような意味で使われています。

文字通りで言えば、"1次医療"または"基本的医療"となります。広い意味では、皆さんが健康な生活をおくることができるよう、地域住民の方がたとの身近さ・つながりを大切にして、問題が起きているときだけではなく、問題が起きないようにする予防段階から、患者さんとかかわりをもつ考えのことです。

さらには、患者さんや患者さんの家族を取り巻く環境、これまでの生活背景などにも気を配り、特定の臓器や病気にこだわらず患者さんが抱える問題に、多くの医療従事者とも協力しながら幅広く対応する保健・医療・福祉の実践として、最近は考えられています。

◆患者さんに寄り添う医療を行う

現在わが国の医療は少子高齢化の進行、医師不足問題など、複雑な状況の中にあります。

慢性的な医師不足に悩む地域医療の現場では、「自分たちの努力だけではもう持ちこたえられない」と悲鳴とも思われる声が上がっています。そのような地域医療の実情に対して「プライマリ・ケア医」をかなめとした医療システム作りが進んできています。

病院の専門医の疲弊や医療の地域格差など、わが国の医療問題を本質的に解決する「処方せん」 として、患者さんを幅広く、継続的に診察し、保健・医療・福祉への道案内をする 「プライマリ・ケア医」 の視点が必要であることを強調したいと思います。

そして、患者さんに寄り添った医療を行う「プライマリ・ケア医」 を主治医として持つことが、皆さんの「安心・満足」 の願いに応える重要なことのひとつだと考えています。


プライマリ・ケア医として加藤院長が心がけていること

1)自分に何ができるかではなく、「患者さんが何を求めているか」を基準にする。それに真摯に応えようと努力する。つまり「患者さんによって自分を変える」

2)患者さんや病気・問題の種類によって差別をしない。けっして最初から否定せず、まずは受け入れる。

3)病気だけでなく、精神面や社会的な問題も重視する。病気に対応するだけではなく、その患者さんの不安を解消する、その患者さんの社会的な立場を守る、ということも重要。

4)臓器、ヒトにとどまらず、家庭・地域の事情や状況も重視する。

5)診療室に来ない(来られない)方のことも考慮する。本当に深刻な患者さんこそ「プライマリ・ケア」の出番である。

(北海道勤医協友の会新聞2010年9月1日号より)
posted by kin-ikyo at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

健康ウォッチ 「早期発見・治療が大切」歯科のはなし

勤医協きたく歯科診療所所長 荻原 宏志 歯科医師

4月に、札幌市北区新琴似に勤医協きたく歯科診療所を開院して、約4ヶ月が経過しました。

これまで数百人の患者さんとの新たな出会いがあり、中には「歯科は10年ぶり」「歯科が嫌いで痛いのをがまんしていたが、ここを見て意を決して来た」「介護で忙しいのでここだけ治してはしい」「お金がない。勤医協だから相談できると思って」といった方が少なくありません。潜荏的な患者の多さを実感しています。

歯科はコンビニエンスストアより多いといわれます。その中での開院に不安がなかったわけではありませんが、治療を通じてより多くの方に豊かな笑顔と生活を提供できるよう努力しています。

◆発見が遅れると時間も費用もかかる

歯科は「怖い」「何か不都合が無いと行かない」所というイメージがあるかもしれません。

しかし、「痛い」 「ぐらぐらする」など症状が出てから、あるいは最後の通院から時間が経過して受診になると、神経の治療をし、金属の被せものが必要であったり、抜歯をせざるを得なくなり入れ歯になってしまう等、治療期間や見た目、機能や費用的にもあまりいいことがありません。

例えば一本の奥歯の治療で3割負担の方の場合、早期に虫歯がみつかって削って詰める治療であれば千円ほどの治療費で回数も一回で済みますが(図1)、神経を治療して土台を立て冠を被せるとなると6千円ほどになり回数も5回以上になってしまいます(図2)。更に奥歯ではなく前歯1本に被せものをした場合には8千円はどの負担となってしまいます。

小さな虫歯は埋める治療で一回治療。大きな虫歯は回数も費用もかかります。

◆歯を失うと?

一本の菌を失った場合、修復する方法がいくつか挙げられます。

@両隣の歯を削ってつながった冠(ブリッジ) を入れる
A両隣あるいは何本かの歯にバネを掛けて入れ歯を入れる
Bインプラントという人工歯根を埋め込んで修復する、といった方法です。(図3)

それぞれには長所短所がありますが、短所を述べますと、@は両隣の歯が健康であっても削らなければいけませんし、被せものの場合前から4番目の歯以降は保険では白くできず銀歯になります。Aは大きく歯を削らずに済みますがバネが見え、異物感が大きく粘着性のもので外れたりすることがあります。Bは骨の条件によっては埋入が困難な場合があること、保険がきかないため一般的に数十万円の費用が必要です。

いずれの場合を見ても早期発見・早期治療がいかに重要か、お分かりいただけるかと思います。

早く見つけることが出来れば、大ごとにならずに済むのです。歯科の立場としても「よい治療」をするのが大事なのはもちろんですが、虫歯などの治療が一通り終わった後も定期的に患者さんに来ていただき、行った治療に責任を持ってしっかりと管理ができることがより大切なのです。

一歯欠損修復方法

◆気軽に歯科受診を

「どのくらいの間隔で歯科受診すればいいの?」と、よく患者さんから聞かれます。歯周病の進行具合などによって1か月から半年くらいまで個人差がありますので、担当の歯科医師と相談してください。


私たちの歯科では治療を終えた患者さんに定期的に来院していただき歯石を取り、専用の機械で歯をクリーニング(PMTC) することを勧めています。

歯の表面が滑らかになると、細菌や歯石が付きにくくなるので、患者さん自身が行う歯磨きも効率がよくなります。そして何よりお口の中がとてもすっきりし、歯周病の進行や口臭も防ぐことができます。これまでも多くの方に好評です。

「歯科は怖い」「痛い」などイメージを変えるために私たちも努力していきます.歯科を「お気軽に」ご利用していただければと思います。

※図は潟c潟^トリニティアニメからの抜粋です

(北海道勤医協友の会新聞 2010年8月1日号より)
posted by kin-ikyo at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

健康ウォッチ 五月病(六月病)のはなし

健康ウォッチ 5月病の話

春は入学や入社、人事異動など大きく環境が変わる季節です。 
この春から新たな環境でスタートをきった方もいらっしやるのではないでしょうか?この時期にかかってしまいがちなのが、俗にいう「五月病」です。

◆五月病とは?

五月病は、正式な医療用語(診断名) ではありません。特に決まった定義や概念があるわけではありませんが、あえて病名をつけるのであれば「適応障害」に該当します。

 日本では70年代頃から「自分がやりたいことが分からない」という訴えをする学生がゴールデンウィーク明けに増え、五月病といわれはじめました。

 近年では、学生の五月病は減少しているようです。

◆六月病とも呼ばれる
代わって新社会人に五月病と同様の症状が見られるようになってきました。
新社会人の場合、研修が終わって実際の仕事を始めるようになった6月頃に症状が出ることが多いので「新五月病」たは「六月病」とも呼ばれています。

諸外国では、現実に直面して幻滅・挫折することから「リアリティ・ショック」と呼ばれます。

生活スタイルが多種多様となっている現代では、新入生・新社会人だけが、かかる病気ではなくなっています。新たな環境に飛び込む経験は、誰もが何回も経験するからです。中堅やベテラン社員、そしてその家族も、転勤や引っ越しなどの環境変化を引き金に、五月病と似たような症状を訴える方が増えてきています。

◆こんな症状にご用心

新しい仕事・生活に夢中になっている間は気づきませんが、それらがひと段落する頃に、気づかないうちに蓄積されていた心身の疲れが急に出たり、新しい環境になかなか慣れることができないストレスが貯まり、次のような症状が現われます。

●身体的症状
疲れやすい・朝起きられない・食欲がわかない・めまい・動悸・不眠・頭痛・腹痛・便秘など

●精神的症状
やる気が出ない・イライラする・落ち込んでいる・不安や焦りを感じるなど

●行動面の変化
お酒、タバコの量が増える・食べ過ぎる・遅刻する・事故にあうなど

◆五月病にならないためには

一番大切なことは、ストレスを一人で溜め込まないことです。その点をふまえて、次の点に気をつけてみてください。

●会話をしよう
誰でもいいので会話することを心がけましょう。悩みを聞いてもらうだけでも、貯まったストレスは減っていきます。

●気分転換をしよう
仕事や学校とは関係ない楽しみを見つけることによって、気持ちをリセットする時間を作りましょう。

●生活のリズムを取り戻す
GWなどの長い休みが続くと、生活のリズムが崩れてしまいがちです。十分な睡眠とバランスの取れた食事、規則正しい生活を心がけましょう。

●新たな目標の設定を
目標を達成してしまった人や、または見失ってしまった人は五月病にかかりやすいといわれています。「週末は1冊読書をしよう」「朝15分早く起きてストレッチをしよう」など、具体的で身近な目標を設定して、実行しましょう。

◆もしかして五月病と思ったら

五月病の症状がでてきたら、まずは前の4点を試してみましょう。

それができないほど進行していた場合は、一人で抱え込まず、周囲に助けを求めましょう。けっして恥ずかしいことではありません。

身近に五月病の疑いがある人がいるときは、励ましたり、焦らしたりは禁物です。本人が一番辛い状況にあります。本人の話にじっくりと耳を傾けて、温かく見守ってください。

生きていくうえで何度も経験する、新たな環境。それを乗り越えていくことは、人間的な成長にもつながります。

不調が2週間以上続くときや、対応に迷ったときは、専門家へ相談してみてください。無理をして長引くとうつになってしまう恐れもあります。話を聞いてもらうだけでも、早めの改善につながります。

まずはかかりつけの先生に相談してみましょう。

(北海道勤医協友の会新聞 2010年6月1日号より)
posted by kin-ikyo at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

健康ウォッチ 子宮頸がんワクチンのはなし

nagasima_kaori

子宮頸がん(図1)は妊娠する世代に多く、20〜30代の女性に最も多く発症します。初期症状は無く、ゆっくり進行するので定期的にがん検診を受けることが大切です。不正出血が出現する時期では進行状態のため子宮切除が避けられなくなり、命までが脅かされます。この子宮頸がんを予防できるワクチンが開発され、病院で接種できるようになりました。

HPV-pic1.gif

◆子宮頸がんの99%はヒト・パピローマウイルス (HPV) の感染が原因

以前より子宮頸がんの原因は性交で感染するウイルスであるとわかっていました。性交経験のある女性なら、誰でも頸がんになるリスクがあると言えます。

(図2)のように性的接触により、がんをひきおこす高リスクHPVが子宮の入り口の正常細胞に感染します。

この感染はまれではありません。性交開始から数年以内に感染するとされ、80%の女性が一生の間に一回以上は感染するといわれます。幸いなことに、HPV感染の90%は自然に治ります。しかし、持続感染状態となったときに、前がん病変から子宮頸がんに移行する可能性が出てきます。

HPV-pic2.gif

◆性的接触の始まる前にHPV予防ワクチン接種が望ましい

発がん性HPVは15種類はどありますが、子宮頸がんの原因の60%は16型と18型であることが解明されています。現在、この2タイプに対する予防ワクチンの接種が可能です。

性行動の開始が早くなっていることも考慮すると中学生ぐらいで接種しておくことが望ましいでしょう。

すでに性交経験のある人も、2タイプの感染がないとわかっていれば予防のために接種しておくといいでしょう。

感染有無の検査は婦人科外来で行えるので相談して下さい。

◆ワクチン接種は「こども診療所」「産婦人科外来」で

中学生にとって産婦人科外来は受診しずらいかも知れません。

こども診療所でもがん予防ワクチンは受けられます。どの年代でも、すでに性交経験がある場合は、産婦人科であらかじめ子宮頸がんの検査を受けることをお勧めします。

すでに16型と18型に持続感染している場合、ワクチンに治療効果はありません。

◆ワクチン接種の回数と費用

半年の間に3回のワクチン接種をします。接種は上腕への筋肉注射で、副作用ははとんどが注射部位の発赤・かゆみぐらいです。

費用は、自費医療のため3回分で約4万5千円かかります。本来は公費で接種したいワクチンなので、女性の健康を推進する各種団体から署名活動が始まっています。

◆ワクチン接種後も定期的に子宮頸がん検診を

ワクチンを接種したことで、60%は子宮頸がん予防ができますが完全ではありません。他のタイプによるがん発症もあり得るので、性行動が始まったらがん検診を1年に1回は受診することを勧めます。(図3)

妊娠してから初めてがん検診を受ける方が多いですが、HPV持続感染状態となっている人がいます。特に10代の妊婦さんで多いことが問題になっています。

思春期の子どもたちに、性行動でおこり得ることの中に子宮頸がんもあることを話していただきたいと思います。

HPV-pic3.gif

*子宮頸がん予防ワクチンは、勤医協札幌病院と菊水こども診療所で予約を受け付けています。
(問合せ先)
勤医協札幌病院я纒\(011)811−2246
菊水こども診療所я纒\(011)833−3633

(北海道勤医協友の会新聞2010年5月1日号より)
posted by kin-ikyo at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

健康ウォッチ 動脈硬化と脂質異常症について

kouno_ryuhei.jpg

悪化するまで症状が出ない恐ろしい病気

日本人の死因の第1位はがんですが、第2位、第3位の心疾患、脳血管疾患をあわせるとがんと同じくらいの人が亡くなっています。その心疾患や脳血管疾患の原因の多くが動脈硬化といわれています。

動脈硬化には、さまざまな病気や生活習慣などが関係していますが、脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化ともっとも関係の深い病気のひとつです

■動脈硬化とは

「動脈硬化」と聞くと血管そのものが硬くなるというイメージをもたれると思いますが、実際はただ硬くなるというよりは、血管の壁が厚くなり、血液の流れる内腔が狭くなることを示しています。

いくつかパターンはありますが、もっとも重要なのは、血管の壁の中に脂がたまってコブ(プラーク)ができ、それが血管を狭める動脈硬化です。


■動脈硬化が起こると

では動脈硬化が起こるとどんな症状が出るのでしょうか? 答えは「ほとんど症状はない」です。動脈硬化は初期の段階では全く症状はなく、狭窄がひどくなって、血流が悪くならない限り症状はでません。ですからかなり進行するまで見つからないことが多いのです。

動脈硬化が進行して血流が悪くなってくると、その先の臓器に十分血液が届かず、血流不足による症状が出てきます。たとえば、心臓の血管なら狭心症、脳の血管なら「一時的な脳梗塞」といわれる一過性脳虚血発作です。また、コプを覆う膜が破れると、そこで血液が固まって突然血管をふさいでしまうことがあります。そうなるとその先にある臓器に大きな障害を与えます。たとえば、脳への血管が詰まれば脳梗塞、心臓を養う冠動脈が詰まれば心筋梗塞となります。これらは起こしてしまうと命に関わることがあり、助かっても重い後遺症を残すことがある病気ですので、起こさないように予防することが大切です。言い換えれば、動脈硬化を起こす原因を減らすことがとても重要なのです。

■動脈硬化の原因

ではその動脈硬化の原因とは何でしょうか? 高血圧、糖尿病、喫煙などいくつかありますが、今回はその中から脂質異常症についてお話したいと思います。

「脂質異常症」とは最近の呼び名で、以前は「高脂血症」と呼んでいました。血液中の脂の量に異常をきたす病気です。

一言で「脂」といってもいくつか種類があり、動脈硬化に最も深くかかわるのが「コレステロール」です。このうち肝臓から全身に向かって運ばれているものを「LDLコレステロール」と呼びます。別名「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、これが増えると血管の壁にコレステロールが入り込み、動脈硬化を起こします。反対に全身から肝臓に運ばれているのが「HDLコレステロール」で、「善玉コレステロール」とも呼ばれ、こちらは減ってしまうと動脈硬化を起こしやすくなります。LDLコレステロールや中性脂肪が多い状態、あるいはHDLコレステロールが少ない状態を「脂質異常症」といいます。

■脂質異常症になると

脂質異常症になると、どんな症状がでるでしょうか? 実は脂質異常症に症状はありません。したがって、健康診断などで脂質を調べる目的で血液検査をしないと見つかりません。平成18年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば、脂質異常症の疑いのある人は全国民の3人に1人以上(約4000万人) にもなるそうです。

この新聞を読んでいる友の会員の皆さん、最近健康診断受けましたか?実は脂質異常症かもしれませんよ。

脂質異常症は生活習慣病の一つに数えられていますが、生活習慣が良ければならないという病気ではありません。痩せていても、健康的な食事・運動をしていても脂質異常症になることがあります。遺伝性の脂質異常症もあるからです。

「自分は大丈夫」とは思ずに、まずは健康診断で脂質異常症があるかを調べてみましょう。それがあなたの生命や人生を狂わす可能性のある脳梗塞、心筋梗塞の予防につながっていくのです。

動脈硬化の合併症

(北海道勤医協友の会新聞2010年3月1日号より)
posted by kin-ikyo at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

健康ウォッチ 認知症との付き合い方と予防法

塩川 哲男

年をとってからの心配事で大きいのは「寝たきりになったら」と「ボケてしまったら」ではないでしょうか?介護保険ができて間もなく10年になりますが、「ボケても安心な社会」にはまだなっていません。現在、認知症の患者は200万人といわれ、今後も増え続けていくことは確実です。ここでは認知症のおさらいと、付き合い方、予防法などについて考えてみましょう。

■認知症とその原因

「痴呆」から「認知症」と呼び方が変わって5年、認知症という名称は広く知られるようになりました。

健康相談会などでは、「認知症とアルツハイマーはどう違うの?」 という質問がよく聞かれます。

認知症は、「いったん正常に発達した知能が、大脳の器質的病変により進行性に低下する状態」と定義されますが、認知症の原因疾患として最も多いのが「アルツハイマー型認知症(またはアルツハイマー病)なのです。つづいて血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などが主な認知症です。頻度は少ないものの忘れてはならない原因として、慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症といった外科的な疾患、エイズや梅毒などの感染症があります。

■診断

認知症と診断するためには、先にのべた定義にあてはまり、かつ家庭あるいは社会生活上、何らかの支障を来しているかどうかが重要です。診断には家族からの情報が欠かせません。

鑑別すべき状態として、生理的物忘れ、うつ病、意識障害(せん妄)などがあり、問診、心理学的検査(長谷川式スケールなど)、画像検査(CTまたはMRI)などにより総合的に診断します。

■治療とケア

アルツハイマー病の中核症状(記憶障害、判断力低下など) に対する薬としてはアリセプト(R)のみが保険適用になっており、認知障害の進行を遅らせることが期待できますが、治癒や進行を停止させることはできません。

周辺症状(徘徊、暴力などの行動異常や抑うつ、妄想などの心理症状。総称して最近はBPSDということが多い)に対しては、向精神薬や抑肝散(よくかんざい)という漢方薬がしばしば有効です。昔の思い出などを語ってもらう回想法によって情動の安定効果がみられることもあります。

同時に介護者の多くは疲労し、うつ的になることや虐待を防ぐためにも、介護負担の軽減をはかるための具体的な処置(デイケアやショートステイの利用)が必要なことも少なくありません。認知症ケアにおいては、その人を中心としたケア (パーソン・センタード・ケア)や共感して接する(バリデーション) といったそれぞれの状態に合わせた個別的ケアが有効と認められつつあります。

■認知症は予防できる?

アルツハイマー病のワクチン療法が研究されていますが、今のところは、残念ながらまだ答えは「ノー」です。しかし、どういう人が認知症になりやすいのかかなりわかってきており、下記のような点に注意するとよいでしょう。

■もの忘れ外来

ご自身あるいはまわりに心配な方がいる場合、「もの忘れ外来」 の受診をおすすめします。もの忘れ外来では、(1)認知症かどうか(2)認知症ならどの程度か(重症度)(3)どのタイプの認知症かなどの診断と同時に、治療やケアについても提案していきます。北海道勤医協では、札幌西区病院とメンタルクリニック東が、もの忘れ外来を行っています。まずは、ご相談ください。

《連絡先》
札幌西区病院
011-663-5711
第1、第3木曜日の午前
(予約制)

メンタルクリニック東
011-789-6100
毎週木曜日の午前
(予約制)

-----------------------------------------
アメリカ・アルツハイマー病協会が提唱する脳を守る10の方法

1.頭が第一
健康は脳からです。最も大切な身体の一部である脳を大切にしよう。

2.脳の健康は心臓から
心臓によいことは脳にもよい。心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中にならないように、できることを毎日続けよう。これらの病気があるとアルツハイマー病になりやすい。

3.自分の値を知ろう
体重、血圧、コレステロール、血糖を望ましい値に保とう。

4.脳に栄養を
脂肪が少なく抗酸化物(ビタミンEなど)の多い食品を摂ろう。

5.体を動かす
身体の運動は血液の流れをよくし、脳細胞を刺激することになるかもしれない。1日30分歩くなど、心と体をいきいきさせるためにできることをしよう。

6.心のジョギング
あなたの脳をいきいきさせ、ものごとに関心をもつことによって、脳の活性を高め、脳細胞とそのつながりの余裕が生まれる。読む、書く、ゲームをする、新しいことを学ぶ、クロスワードパズルをしてみよう。

7.他の人とのつながりを
身体と心と社会の要素を組み合わせた余暇活動は、認知症を防ぐ最もよい方法かもしれない。人との付き合い、会話を交わし、ボランティアをし、クラブに加わり、学習してみよう。

8.頭のケガをしない
頭のケガをしないように注意しましょう。シートベルトを使い、転ばないように家の中を整理し、自転車を乗るときにはヘルメットをかぶろう。

9.健康な習慣を
不健康な習慣を避け、タバコを止め、飲み過ぎないようにし、麻薬をつかわないようにしよう。

10.前向きに考え今日から始めよう
あなたの明日を守るために今日からできることをしよう。


(北海道勤医協友の会新聞2010年2月1日号より)



posted by kin-ikyo at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

健康ウォッチ 乾燥性皮膚炎のはなし

勤医協札幌病院皮膚科科長 加藤優子

本格的な冬がやって来ました。暖房機器が手放せないこの時期は、外も部屋の中も空気が乾燥しているため、私たちの皮膚も乾燥しがちです。冬に起こるかゆみのほとんどが乾燥肌によるものですが、ちょっとした生活の工夫とお肌のお手入れで防ぐことができます。

■皮膚の潤いはどのように保たれているの?

皮膚では、汗腺から出る水分と皮脂腺から出る脂分が混ざった皮脂膜や、天然保湿因子…NMF (※1)が存在し、皮膚表面の角質層を覆って水分の蒸発を防いでいます。加えて皮膚の細胞自体がつくる脂分が細胞間脂質(※2) となり、水分を保つのに役立っています。ところが肌質や空気の乾燥など外部からの刺激で、これらの機能がうまく働かなくなると、皮膚の水分が蒸発してカサつきが起こります。

※1
天然保湿因子…NMF(Natural-Moisturizing-Factor) アミノ酸やミネラルなど、水となじみがよく、水分保持力を持った物質の総称。肌自身がつくりだす保湿成分です。
※2
細胞間脂質…角質層のまわりにある脂質。細胞同士を密着させ角質層の水分保持を行います。セラミドと呼ばれています。

健康な肌とバリア機能が低下した肌

■季節や年齢によるお肌の変化は?

皮膚の水分量は、気温が低下し空気が乾燥する1〜2月に最も少なくなり、皮脂量も秋から冬にかけて急激に減少します。

乾燥した皮膚は、角質層がけば立ち、外部からの刺激を受けやすくなります。さらに高齢になると、皮膚の新陳代謝の働きが衰え、皮脂の分泌量も減ってきます。そのため一層の乾燥が進み、かゆみや湿疹が出ることがあります。

また女性の場合、20歳代後半〜30歳代にかけて、脂性肌から乾燥肌へ肌質が変わることが多く、若い頃と同じケアを続けていると、トラブルが起こりやすくなります。

■乾燥肌の予防と治療は?

スキンケアで一番大切なのは、入浴方法と保湿剤の使い方です。熱いお湯や長湯は皮膚の温度が上がり過ぎて、かゆみが増しますので控えましょう。

体を洗うときはナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと、角質層が剥がれ落ちて乾燥が進みます。石鹸などを良く泡立てて (市販されている泡立て用ネットを使う方法もあります)、手で直接なで洗いしましょう。

手が届きにくいところは、柔らかなタオルでそっと洗います。石鹸やシャンプーは、出来れば弱酸性の低刺激なものを使うと良いでしょう。

■乾燥肌を防ぐ生活の工夫

@室内の乾燥に注意する。加湿器を置くなどの工夫をしましょう(濡れたタオルなどを干すことも有効です)。

Aこたつや電気毛布を長時間使用しないようにしましょう。

B刺激物や香辛料、古い食用油(過酸化脂質)によってかゆみが増すことがあるので注意しましょう。

C肌に直接触れる衣類は木綿など刺激の少ない素材を選びましょう。

D衣類を洗濯するときは、洗剤分が残らないようよくすすぎましょう。

E睡眠を十分にとるようにしましょう。

Fたばこは吸い過ぎないようにしましょう。

Gストレス・過労を避けるようにしましょう。

この8つのことを日常生活で工夫すると乾燥肌を防ぐことができます。

保湿剤は汗や汚れを落としてから使用してください。特に入浴直後は角質層が十分うるおっているので、水分を逃さない効果が加わり、お勧めです。すり込まずに薄くのばして塗りましょう。

■乾燥肌を放っておくとどうなるの?

皮膚の乾燥を放置すると、コジワやくすみなど皮膚老化の原因になったり、湿疹のあとがシミになって残ることもあります。

皮膚の乾燥が進行すると、かゆみが非常に強くなります。かゆみを我慢できずにかいてしまうと、皮膚表面の皮脂膜や角質層がはがれ、外部からの刺激を受けやすくなってしまう可能性があります。そのような場合は、早めに皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科では保湿剤の他に、湿疹などの強い炎症を鎮めるステロイド外用薬や、強いかゆみを抑える抗ヒスタミン内服薬などを処方することが多いです。医師とよく相談して、薬は正しく使うことが大切です。

(北海道勤医協友の会新聞2009年12月1日号より)
posted by kin-ikyo at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

健康ウォッチ 一歩進んだウオーキングのはなし

勤医協中央病整形外科院大川匡科長

■メタボとロコモ

日本の人口は減少に転じ、団塊世代がリタイアする年齢となりました。高齢者の数も比率も、ますます増えて行きます。自立していきいきと暮らすには健康が欠かせません。

実際、介護を受ける人は増えています。その原因はさまざまですが、脳卒中23.3%、心疾患4.3%、糖尿病2.7%=30.3%はメタボ(※1)が原因で、衰弱13.6%、関節疾患12.2%、骨折転倒9.3%=35.1%はロコモ(※2)が原因です。認知症14.0%とメタボ、ロコモは要介護の3大要困です。(数値はH19年国民生活基礎調査による)

ウオーキングを始める前にロコモチェックしてみましょう。「5つのロコモチェック」心当たりはありませんか?

(1)片脚立ちで靴下がはけない
(2)家の中でつまずいたり滑ったりする
(3)階段を上るのに手すりが必要である
(4)横断歩道を青信号で渡りきれない
(5)15分くらい続けて歩けない

ひとつでも心当たりがあればロコモの疑いあり。健康づくりのウオーキングで転倒骨折したり、膝を痛めてしまうかも知れません。お近くの日整会認定運動器リハビリテーション医、または中央病院整形外科(堺、大川、中田ほか) に、ご相談ください。安全に足腰を強化するロコトレ (ロコモーショントレーニング)をお勧めします。

■ウオーキングは一番身近な運動

ロコモチェックは大丈夫でしたか? それではメタボ予防・対策にレッツ・ウオーキング!

メタボは内臓脂肪過剰が始まり。脂肪を燃やす、体を動かす習慣をつけましょう。運動そのものでエネルギーを消費するだけでなく、身体機能が活性化したりすることにより、血糖や脂質がたくさん消費されるようになり、内臓脂肪が減少しやすくなります。その結果、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります。ウオーキングはいちばん身近な運動。何も買わなくてもどこへ行かなくとも始められます。

まずはプラス1000歩を目標に、今よりすこしだけ、たくさん歩いてみましょう。1000歩はおよそ10分です。こまめに動いて家事をすれば、それだけでも1日1000歩ぐらいは増やせます。拭き掃除でも物干しでも、買い物や友達の家を訪ねても良いではありませんか。歩数計があれば、こまめに歩いた成果が数値で見えます。数値目標を立てるのも励みになります。だんだんと増やして1日1万歩を目指しましょう。

■さらにしっかり歩きたい方は

さらにしっかり歩きたいならば、運動靴(スニーカー) を履きましょう。とはいえメタボ対策運動はきつくないようするのがコツ。きつい運動は短時間しかできないのでカロリーを消費しない、血圧が上がる、関節の故障を招くなど、中高年のメタボ対策には逆効果です。鼻歌を歌いながらできるぐらいが良い加減。やや楽〜ややきついくらいで、会話や景色を見るなどの余裕があり、30分以上続けられること。ふつうの歩きは 毎分65mぐらい。糖尿病の方は食後20〜30分頃にふつう歩きがよいです。高血圧の方は力まない。階段登りなどきつい運動は血圧が上がります。冬は寒さを避けて大きなショッピングセンターの中を歩くのがよいでしょう。

高脂血症には速歩が向いています。速歩は毎分100m。(図1)のように肘を曲げ歩幅を大きく、足を伸ばして歩きます。両手にストックを持って歩くノルディック・ウオーキングもいいですね。腕の運動も加わるので、カロリーの消費が多く肩こりが軽くなることもあります。さらに両手に杖のおかげで転倒する危険が少なくなります。(専用のストックは、お値段がはります)

骨粗しょう症の方には「どすんどすんウオーキング」。少し衝撃的な力を加えることで骨が丈夫になります。太腿から足を上げ、足裏全体でどんと降ろします。まずは椅子に座ってやってみましょう。左右それぞれ15回。なれたら腿上げ・膝上げでどすんと足裏全体を降ろして歩いてみましょう。

どうか健康づくりで体をこわさないでください。胸が締め付けられる感じや異常な汗がでたときは、メディカル・チェックを受けましょう。狭心症・心筋梗塞の可能性があります。膝や足関節が痛いときはレントゲンを撮りましょう。すでに関節症なのかもしれません。少しずつ距離と強度をアップして、レッツ・ウオーキング!

速歩の理想的なフォーム

(※1)メタボ:メタボリック症候群
糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、ぉなかのまわの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大き<かかわるものであることがわかってきました。

内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタポリック症候群(内臓脂肪症候群)といいます。

内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです。

しかも、「血糖値や血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。メタボを防ぐには一に運動、二に食事、しつかり禁煙、最後に薬です。

(※2)ロコモティブ症候群
運動器の障害すなわち骨折や関節症などで寝たきりになる危険性が高いことをロコモティブ症候群といいます。

蒸気機関車SLは…Steam(蒸気)Locomotive(機関車)。
手足など動くための器管「運動器‥Locomotive organ」。

(北海道勤医協友の会新聞2009年11月01日号より)
posted by kin-ikyo at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

健康ウォッチ 成人病胎児期発症説のはなし

岡田靖所長

■定説となったバーカー説

「生活習慣病」、すっかり耳慣れたことばになりました。遺伝素因に加え過食や運動不足といった誤った生活習慣が発症や進行に関連する疾患で、生活習慣の改善が重要であるとされます。主として中年以後に発症するので以前は「成人病」と呼ばれていました。メタポリックシンドロームや高血圧、2型糖尿病などが代表的な病気です。

その生活習慣病の素因が実はその人の胎児期や乳幼児期に作られることが判明しています。「素因」とは病気にかかりやすい素質(体質) のことです。

最初にこの説を発表したのは英国のデヴィット・バーカー博士です。出生体重と心筋梗塞による死亡率の関連を検討し、出生体重が小さくなると死亡率は上昇し、巨大児でも同様にリスクが上昇すると1986年に報告しました。胎児期・乳児期に低栄養または過栄養の環境にさらされると成人病の遺伝素因が形成され、その後の生活習慣によっては成人病が発症する、というのがバーカー説です。その後多くの疫学調査や実験研究で証明され、いまや定説となりました。

■「小さく産んで大きく育てる」は誤り?

なんらかの原因で母親の胎内で胎児が低栄養状態になったとします。胎児は大事な脳を守るため筋肉や肝臓で「インスリン抵抗性」という状態を作り出し、栄養分であるブドウ糖を脳に優先的に供給する体質にします。その分胎児の体重は減り、低出生体重で産まれてくることになります。胎内で作られたインスリン抵抗性は産まれたあとも持続するため、生後の栄養豊富な環境では逆に肥満や2型糖尿病を招きやすくなるのです。また胎内での低栄養はネフロン (腎臓の機能と構造上の単位) の数を減らすため、高血圧の発症率をあげるという報告もあります。胎内低栄養で産まれた場合、出生後の副腎皮質ホルモンの基礎値が高くストレスで過剰な反応を示すことも報告されています。

生活習慣病に限らず、肺疾患や行動異常、乳癌など他の様々な疾患についても低出生体重との関連が想定され、その原因の一部が受精期・胎児期・乳児期までさかのぼるという研究や報告が出ています。

これらの原因は、遺伝子そのものの変化ではなく、胎内環境によって遺伝子の発現の仕方がかわるためとされています。胎内環境と生後の環境の「ミスマッチ」が病的な状態を招くようです。生後の豊富な栄養で乳児期に体重が一気に増えた場合にもリスクが上がります。日本には古くから「小さく産んで大きく育てる」ということばがありますが、産まれてくるこどもの健康を守る立場からすると誤りです。

■背景にある問題

日本では1980年頃をピークに新生児の出生体重が減り続けています(図)。先進国では日本だけの現象で、「妊娠しても太りたくない」といった若い女性のやせ願望が背景にあるようです。実際若い女性のやせ比率はこの20年間で2倍に増えています。低出生体重児の比率も増えており、生活習慣病ハイリスク群の子がどんどん産まれている状況で、近い将来には医療だけでなく社会・経済問題に発展することが懸念されます。

また米国の経済学者からは、出生体重の低さと教育水準の低さ・低所得との相関が報告され、貧困の世代間連鎖に出生体重の低いことが関連する、との見解も示されています。

出生体重の推移

■母乳栄養の利点

動物実験では低栄養の影響はその後3世代にわたり持続するとされ、胎内低栄養は世代を超えて影響することが示されています。その世代をまたぐ悪影響を回避する手段として 「母乳栄養」があげられます。母乳は必要十分な新生児・乳児期の栄養で、余分なものは含まれません。胎内で低栄養状態にさらされていた赤ちゃんにとっては人工栄養(ミルク)は過剰な栄養で、胎内環境とのミスマッチを起こしやすいのでしょう。母乳栄養の利点はこの点からも強調すべきだと思います。

私は、月に1回札幌病院の母親教室で以下のような内容を話し、妊娠前・妊娠中・授乳期の母親自身の栄養摂取が想像以上に大切です、と強調します。しかし率直なところ、すでにおなかがふくらんでいる妊婦さんに話しても遅きに失する感を持っています。

■子どもの頃からの健康教育が大切

この「成人病胎児期発症」の考え方は従来の生活習慣病の概念を大きく変えるものだと思います。生活習慣病は本人が悪い自己責任の疾患では決してなく、「生活習慣病」という呼称自体にも疑問が出てきます。

生活習慣病の予防や治療は大人になってからの生活習慣の改善だけでは難しく、こどもの頃からの (次世代に向けての)健康教育がとても重要になります。また、ことさら若い女性のやせ願望を煽るようなメディアの責任も極めて重大だと思います。

学校の食事・栄養教育も重要性を増すでしょう。周産期・小児科医療の現場としては低出生体重児などに対する母乳哺育の強調と指導、乳児健診や外来での肥満傾向の早期発見、生活習慣や栄養の指導が大事になります。

(北海道勤医協友の会新聞 2009年10月01日号より)
posted by kin-ikyo at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

健康ウォッチ 新型インフルエンザと肺炎のはなし

健康ウォッチ 新型インフルエンザと肺炎のはなし

インフルエンザは、突然現れる高熱、頭痛、関節痛など全身の症状が強いのが特徴で、併せてのどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。さらに気管支炎、肺炎などを併発し重症になることがあります。特に高齢者、呼吸器や心臓などに慢性の病気をお持ちの方はインフル工ンザそのものや、もともとの病気が悪化しやすく十分な注意が必要です。これから本格的な流行のシーズンをむかえます。今回、新型インフルエンザと肺炎について中央病院尾形和泰副院長にお聞きしました。

■未だ猛威を振るう新型インフルエンザ

この春にメキシコからアメリカ・カナダヘ、そして全世界に拡がった新型インフルエンザは、5月の連休ころから日本でも患者さんが発生しました。防護服を身に付けた空港検疫やホテルへの隔離など、やや過剰とも思える水際阻止作戦も展開されましたが、結局は日本中で患者さんが発生し、渡航歴がなかったり、感染源を特定できないケースも見られるようになりました。当初は加熱していたマスコミの報道も最近は下火になり、もう流行が終わったとさえ思っている人も少なくありません。

一方、南米やオーストラリアでは大きな流行になり、日本国内でも実際には患者さんは減ることはありませんでした。国は7月末から新型インフルエンザの発生をすべて把握することをやめ、学校や施設などで集団発生が疑われる場合にだけ報告する仕組みになりました。札幌市や北海道でも発熱相談センターで電話対応して発熱外来受診を勧める方法をやめて、すべての医療機関で対応することになっています。

スペインかぜ・アジアかぜ・香港かぜなど、過去にパンデミック (世界的な流行) を起こしたインフルエンザも、その当時は「新型インフルエンザ」 であり、数年経って季節性インフルエンザ(A香港型・Aソ連型などと呼んでいるもの)になっています。これら過去の 「新型」インフルエンザでは第一波よりも第二波でより大きな流行になっていました。また現時点を国内流行の第一波と考えないほうが良いとも言われていますので、今後は秋から冬、さらには来年以後に起きると予測されている本格的な流行に向けての対策が大切です。

■一般的な予防について

新型インフルエンザの一般的な予防は、今までのインフルエンザ (季節性) と特に変わりません。

@不要不急の外出を避け、人ごみにはなるべく出ないこと
A外出時にはマスク着用、咳エチケット遵守
B外出後のうがいと手洗い

新型インフルエンザのワクチンは、今の予想では、この秋には十分にいきわたらない可能性が高く、厚生労働省が予防接種の優先順位を決めますが、大きな混乱を起こす可能性があります。アメリカのCDC (疾病対策予防センター) は妊婦、若年者、医療従事者、救急隊員などにワクチンを優先させると発表しています。

一方、季節性インフルエンザのワクチンは例年とそれはど変わらなく供給されると思いますので、呼吸器疾患をはじめとする慢性疾患を持っている方は、今までどおり季節性インフルエンザのワクチンを接種しておくことも大切です。

■ 肺炎の予防が大切

新型インフルエンザも今までの季節性インフルエンザと感染の仕組みや病態に大きな違いはなく、感染後にもっとも注意しなくてはならないのは、細菌性肺炎の合併です。過去のパンデミックの際に亡くなった方の多くは、細菌性肺炎であったことが知られています。スペインかぜの病理検体の調査では、96%の方が肺炎で、約70%の方に菌血症(細菌が血液中に進入した状態) を併発していたと言われています。

一般に、インフルエンザに合併する肺炎では、肺炎球菌・ブドウ球菌・インフルエンザ桿菌などの細菌が検出されることが多く、特に肺炎球菌による肺炎では菌血症を伴ったり、呼吸不全などで重症化しやすいため、肺炎球菌のワクチンが重要と考えられます。このワクチンですべての肺炎を予防できるわけではありませんが、重症化を減らす効果はあるようです。すでに呼吸器疾患のある方や高齢者では接種を済ませている方もいらっしゃいますが、前回の接種から期間が長くあいている場合には再接種も考慮すべきという意見もあります。

肺炎球菌のワクチンは、現時点でも多くの医療機関で接種可能です。あわてずにかかりつけの医師に相談してみましょう。

※肺炎球菌ワクチンは健康保険対象外となります。料金や接種などについては、お近くの勤医協の病院、診療所にご相談下さい。

咳エチケット
posted by kin-ikyo at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

健康ウォッチ 「じん肺」と合併症予防について

健康ウォッチ じん肺のはなし

 元炭鉱の街、上砂川町を含めた中空知はその歴史から、職業病である「炭坑夫じん肺」の患者さんが多い地域です。今回はじん肺とその合併症予防について紹介します。


◆じん肺とは?

 じん肺とは、小さな土ぽこりや金属の粒など「粉じん」を、長年にわたり多量に吸入した結果起きる肺の病気です。粉じんが肺の細胞に蓄積されると、繊維性の組織が増える「線維増殖性変化」が起きて、肺胞や気管支、血管などの組織が壊され肺の機能が奪われていきます。

 症状は咳や痰、息切れ、呼吸困難、動悸などがあります。じん肺に対する有効な治療法はなく、対策は合併症に対する治療と予防ということになります。

◆じん肺の歴史

 じん肺の歴史は古く、佐渡金山をはじめ多くの鉱山で「よろけ」という病気で恐れられていました。長年坑内で働いていると、いつしか喀血したり呼吸困難に襲われ死んでしまうと言う不治の病でした。

 じん肺が最も多く発生したのは戦中から戦後、高度成長期です。その中でも炭 鉱でのじん肺の発生は相当の数に上ります。その対策として国は「じん肺法」「粉じん障害防止規則」を制定し、じん肺の発生予防と、じん肺患者さんの援助を行ってきました。その後の研究で、じん肺は「線維増殖性変化」のほかに、肺胞がふくらんだまま弾力を失う「気腫性変化」や「気道の慢性炎症性変化」を伴うことが明らかになりました。そこで、改正されたじん肺法では、「粉じんを吸うことによって肺に生じた線維性増殖性変化を主体とする疾病」と定義されました。

◆合併症予防のために

 以下のじん肺と密接な関係のある合併症にかかった方は、じん肺法の定めにより労災認定されます。

 ●肺結核
 ●結核性胸膜炎
 ●続発性気胸
 ●続発性気管支拡張症
 ●続発性気管支炎
 ●原発性肺がん

 これら合併症の予防には健康診断を受けることが大切です。じん肺になった場合、年1回の健康診断を行うことができます。胸部レントゲン、肺のCT検査、呼吸機能検査、咳や痰が出るようになれば、その症状がじん肺の合併症によるものかを調べる痰の検査などが行われます。

 現在では、炭鉱や鉱山での労働だけではなく、溶接や研削作業などで生じる金属粉じん、レンズの研磨や陶磁器製造の過程でもじん肺が起こることが知られています。粉じん作業を行う事業所には、労働者に対して定期的なじん肺健診が義務づけられていますが、今でも中小零細企業では健診すら行われていないところもあります。

 粉じん作業で働いていた経験がある方で、定期的な健診を受けていなかった方はご注意ください。また、そういう方でじん肺かどうか調べてほしいという方、最近咳や痰が出る、少しの動作で息切れが強くなったという方は、お近くの勤医協の病院・診療所にご相談ください。

(北海道勤医協友の会新聞 2009年6月1日号より)
posted by kin-ikyo at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

健康ウォッチ 前立腺の病気

立腺の病気

泌尿器科を受診する男性の多くは前立腺の病気で、その主なものが「前立腺肥大症」と「前立腺がん」です。

■前立腺とは

前立腺は男性の生殖器(子どもをつくるための内臓)で、精子が活動するための栄養分を作り出します。膀胱の出口部分で尿道を取り囲むように存在し、「みかん」に例えると、中心の空洞が尿の通る尿道で、房と皮が前立腺にあたります。

40歳を過ぎると「房」の部分が大きくなり、これを肥大と言います。この現象は人間の男性と犬の雄におこりますが、がんとは全くの別物です。

■前立腺肥大症

前立腺が肥大してくると、尿の通りが悪くなるためにいろいろな症状が現れます。これを「前立腺肥大症」と言います。症状が軽く、日常生活で不自由がなければ治療は必要ありません。一方、症状がなくても、膀胱や腎臓の働きが損なわれていたり、自力で尿が出せない状態になった場合には治療が必要になります。

排尿に関する症状は、前立腺肥大症だけではなく、他の前立腺の病気や膀胱、尿道の病気でもおこります。ですから、おしっこに関する困り事や心配事は、年のせいとあきらめずに泌尿器科を受診し、診断を受けることをお勧めします。

■前立腺癌

もう一つの前立腺の病気ががんです。前立腺がんは、米国の男性で最も多いがんで、日本でもここ30年の間に患者数は3倍に増えています。05年の全国の検診集計では、男性約70人に1人の割合で前立腺がんが見つかっています。

早い時期の前立腺がんはほとんど無症状です。一方、なんらかの症状があり泌尿器科を受診して見つかった前立腺がんは、多くが進行がんです。有効な予防法はありませんが、血液検査でがんの疑いがある方を選別できます。実際、当院の検診でみつかった前立腺がんは7割以上が早期がんです。50歳以上の男性は「前立腺がん検診」を受けることをお勧めします。また血縁者に前立腺がんの方がいる男性は、がんに罹る確率が通常の2倍以上と言われていますので、いっそう注意が必要です。

がんが見つかっても、治療が必要になるのは、がんによってその人の寿命や快適な生活がおびやかされるときです。病気の広がりやがん細胞の性質、年齢や体力、患者さんの希望も考慮して治療法を決定します。特に年齢が若く早期のがんであるほど、いくつかの選択肢の中から患者さん自身に治療法を選んでもらうことが重要になります。

「前立腺がん検診(血液検査)」は、勤医協の全ての病院・診療所で受診できます。
*中央病院では泌尿器科医師による直腸内触診(お尻の診察) があります。
友の会員さんは検診料金2100円のうち半額を友の会で助成しています。受診方法など詳しくは各病院・診療所にお問い合わせください。


(北海道勤医協友の会新聞2009年5月1日号より)
posted by kin-ikyo at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

健康ウォッチ 胃・十二指腸潰瘍とピロリ菌

胃・十二指腸潰瘍とピロリ菌

●「ピロリ菌」と病気の関係

 最近、新聞やテレビなどで胃・十二指腸潰瘍の原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌(下写真)が取り上げられています。

 100年以上前から人を含め、胃に細菌が存在することがいわれてきましたが詳細は不明でした。1983年にオーストラリアのウォレンとマーシャル (後にノーベル賞受賞) が慢性胃炎の胃粘膜から分離培養に成功し、この発見でピロリ菌の研究が進みました。

 今ではピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、ある種の胃リンパ腫、慢性胃炎、急性胃炎など様々な消化管の病気の原因となることが証明されています。

ヘリコバクター・ピロリ

●感染率と原因

 胃・十二指腸潰瘍のうち、50〜90%がピロリ菌感染と言われ、感染した胃からの胃がん発生率も0.5%と言われています。日本でのピロリ菌感染率は50歳代以上で約80%ぐらい、30歳代以下は約30%です。

 ピロリ菌は人から人へ経口感染するため、戦後の不衛生状態で感染が拡がり、上下水道の完備によって感染率が低下してきたと推定されています。また初感染が乳児期の場合、症状が何もないまま推移すると言われています。免疫が形成されてから感染すると急性胃炎を発症します。

●診断と除菌方法

 ピロリ菌の診断方法は、血液検査、糞便・尿検査、尿素呼気試験(空腹時に検査薬を内服して呼気を検査する方法)などがあります。ピロリ菌の除菌治療は、2剤の抗生物質とPPI (潰瘍の薬) を1週間内服することで約90%が除菌できます(2回する場合もあります)。 したがって現在では胃・十二指腸潰瘍は長期に通院が必要な疾患ではなくなり、内服不要な治癒する疾患となりました。
 
 再発率(再感染率)は5%と言われています。(※消化性潰瘍にはピロリ菌の他消炎鎮痛剤・ステロイドホルモンなど薬剤が関係するものがあり、これを除いての率です)

 治療の副作用は、味覚異常・下痢・口内炎などがあります。抗生物質による出血性大腸炎もありますが、整腸剤の内服でかなり予防できます。

●胃がん予防にも

 現在ピロリ菌がこれほど話題になるのは、日本において最も多い胃がんにピロリ菌が深くかかわっているからです。日本のピロリ菌は世界の中で最悪と言われています。

 今年開催された日本ヘリコバクター学会から新指針が発表されました。それによるとピロリ菌がいる人は全員薬で除菌することを勧めるというものです。北海道大学浅香正博教授らは除菌すれば胃がんの発生率は3分の1に減少すると英医学誌に発表しています。

 しかし、除菌の保険適応は胃・十二指腸潰瘍しか認められていないため、胃がん予防のための治療は今のところ自費診療となります。学会では保険適応の拡大を厚生労働省に要望しています。

 ピロリ菌感染について心配な方は、診断・治療について内科(消化器専門医)を受診しご相談ください。

(北海道勤医協友の会新聞2009年3月1日号より)

posted by kin-ikyo at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

健康ウォッチ 「肩こり」の原因と対策

健康ウォッチ 肩こり

 私たちの生活は昔に比べ便利になりましたが、その反面、生活習慣の乱れや運動不足が問題となって、病気やケガが起こりやすくなっています。今回は多くの人が悩まされている肩こりについて掲載します。

■どうして肩こりが起こるの?

 肩こりの原因で最も多いのは「筋肉の疲労」です。筋肉疲労の原因には、血行不良や筋肉の使い過ぎ、姿勢の悪さなどがあります。

 血行が悪くなると、筋肉に十分な栄養が回らず疲労が溜まり肩こりが起こります。寒い季節になると血管が締まりやすく、特に女性は下着などによって胸を締め付けられ血行が悪くなります。

 もう一つは、年齢とともに筋力が衰え、筋肉に負担が多くなるため疲労が溜まり肩こりが起こります。重たい荷物を持ったり、畑仕事、調理、掃除、長時間の読書などがあります。

 ”猫背”も肩こりになりやすい原因の一つと言われています。成人で約3〜4sもある重たい頭を支える力、さらに左右の腕約10sを支える力、これらは僧帽筋という筋肉が補っています。その他にも首や肩の周りにはたくさんの筋肉が働いており、良い姿勢ではこれらの筋肉がバランスよく機能しています。しかし悪い姿勢”猫背” の場合はたくさんある筋肉が効率よく機能せず、この僧帽筋に負担が多くかかってしまうため筋肉が疲労し肩こりになるのです。

■肩こりにならないために

 この寒い季節、肩を冷やさないこと、温めることが肩こり予防の一つです。

 また、疲労がたまると肩こりにつながるので、体に無理をかけないことが大切です。無理をしないということは動かないということではなく、「重たい荷物は分けて運ぶ」、「長時間の作業は休み休み行う」 ということです。

 背筋を伸ばし良い姿勢を意識することや、寝具を整えることで体をゆっくり休ませることも重要です。特に枕はやや硬めで、仰向けに寝た時首が軽く曲がる程度のものが良いとされています。下図のように筋肉の疲労を取るためのストレッチ(柔軟体操)も効果的です。ぜひ試してみてください。

■やってみよう!肩こり体操
肩こり
それぞれの写真の部分を各10回ずつ伸ばします。
ABEは右側と左側それぞれを伸ばします。
反動や勢いをつけると筋肉を痛めるのでゆっくり伸ばすようにしましょう!

(北海道勤医協友の会新聞 2009年2月1日号より)
posted by kin-ikyo at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

中央病院の最新CT検査について

健康ウォッチ 最新CT検査について64列マルチスライスCT装置
北海道勤医協友の会新聞2008年12月1日号より


 中央病院のCT検査では、今年3月末から導入した「64列マルチスライスCT」 (以下64列CT=上写真)が活躍しています。

■「マルチスライスCT」とは?
 
 「CT(コンピューター断層撮影法)」とは、身体に]線を照射し、通過量の差などのデータをコンピューター処理することで身体の内部を画像化する検査のことです。身体の内部の構造を詳しく調べることができるので、症状や尿・血液検査だけでは分からなかった大切な情報を与えてくれます。装置から発生する]線を受け取る検出器が複数あるものを 「マルチスライスCT」といいます。検出器が多くある方が短時間にたくさんの画像を得ることができます。近年のCT技術向上で、検出器は2列から4列…64列と増え続け進化しています。

■「64列マルチスライスCT」の特徴

 当院で導入した「64列マルチスライスCT」には次のような特徴があります。

1)0.5ミリの非常に細かい間隔で、1度に広範囲を撮影できる(胸部から腹部までを1回の息止めで撮影可能)

2)得られたデータを再構成し、立体的な3次元画像をつくれる(追加撮影の必要が無く、より詳細な情報が得られる)

3)装置の高速化により撮影時間が短縮された(4列CTでは胸部20秒、腹部30秒だった撮影時間が、胸部8.5秒、腹部10秒へ短縮)

■ 心臓の検査で威力を発揮

冠状動脈の3次元立体画像 今までは、心疾患の主な原因となる冠状動脈(心臓をとりまく血管)の狭窄・つまりなどの異常を発見するために、直接手足の動脈から管を入れていく「心臓カテーテル検査」が行われてきました。しかし、64列CTの導入で、広範囲の細かな情報を短時間のうちに画像化することができるようになり、これまでCTが苦手としていた心臓分野でも威力を発揮するようになりました。

 この装置の場合、腕の静脈から造影剤を注入し、専用の台に仰向けに寝たまま大きな円筒状の装置の中をくぐり、少しの間息を止めるだけで冠状動脈の異常がわかります。検査時間はトータルで10分前後と短縮され、入院の必要もなくなりました。動脈に針を刺す必要がないため、検査後も特別な止血操作や安静時間は必要ありません。

 このことは64列CTの最大の利点といえます。さらに患者さんへの被爆も最大で50%低減されました。身体に優しく安全な検査法として、患者さんにストレスなく検査を受けていただけます。

 CT検査を受ける際は、看護師や診療放射線技師が丁寧に対応します。疑問な点などは気楽にご相談下さい。
診療放射線技師スタッフ

関連情報
より細かく,より速く,広範囲の画像を提供―64列マルチスライスCT導入―
posted by kin-ikyo at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

今石医師睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群(以下SAS) は、2003年の新幹線運転士の居眠り事件以降、社会的にも注目されるようになってきました。該当者は人口の4〜6%程度ともいわれており決して珍しい病気ではありません。

 睡眠時の呼吸停止や大きないびきの他に、昼間の耐え難い眠気、夜中に何度も目が覚める、夜間頻尿、集中力の低下、性欲減退、起床時の頭痛などの症状がありますが、本人が気づかず家族などの指摘で初めて気づくことも多いようです。

 日中の眠気のために交通事故や労働災害、学業や作業能率の低下などを引き起こすため社会的な影響が大きいだけでなく、近年では高血圧や虚血性心疾患、不整脈、心不全などを合併し、時に突然死に至ることもあることがわかってきました。

■SASとは?

 日中の強い眠気や熟睡感の欠如などの症状があり、かつ後述する検査で1時間当たりの無呼吸・低呼吸の回数(無呼吸低呼吸指数)が5以上ある場合をいいます。

 SASは大きく中枢性と閉塞性の2つに分けられます。頻度は圧倒的に閉塞性が多く、これは鼻やのどがさまざまな原因で狭くなることにより生じます。肥満者に多いといわれていますが、日本人は白人に比べ独特の骨格のため気道狭窄を起こしやすく、肥満の程度が軽くてもSASになりやすいといわれています。

■どんな検査?

 一次検査として携帯型装置を用いて血液中の酸素濃度を測定したり、鼻の入り口にセンサーを貼って呼吸状態を記録する検査法があります。簡便で自宅でもできる検査ですが、正確な診断のためには終夜睡眠ポリグラフ検査が必要になります。これはさらに脳波や心電図、胸部や腹部の動きなどを連続で計測し、睡眠状態と呼吸状態を同時にはかる検査です。この検査は1泊入院が必要になります。

■治療法は?

 仰向けに寝ると舌の筋肉が緩み、のどが狭くなるため、単純ないびきや軽症SASの場合では横向きに寝ることで症状が軽減することがあります。肥満がある場合は減量を行います。その他、器具などを用いる方法に以下のようなものがあります。

 ●口腔装置−口の中にマウスピースのようなものを入れてのどを広げる装置です。歯科口腔外科で作成してもらいます。軽症から中等度の人が適応になります。

 ●経鼻的持続陽圧呼吸療法ー睡眠時に特殊なマスクを鼻につけ、呼吸が止まると機械から空気を送り陽圧にすることでのどを広げます。中等症から重症の人が対象になり、きちんと装着すれば確実に呼吸状態を改善させることができます。

 ●外科的治療−鼻やのどが構造的に狭い場合、広げる手術を行うこともあります。手術は主に耳鼻咽喉科で行います。

 勤医協でも中央病院や西区病院で耳鼻咽喉科と内科で連携しながら、睡眠時無呼吸の診断と治療を行っています。大きないびきや日中の眠気がつらいなどの心当たりのある方は一度受診をおすすめします。

(北海道勤医協友の会新聞2008年11月1日号より)
posted by kin-ikyo at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

若い女性にふえている子宮がん

渡邊喜久雄(勤医協札幌病院産婦人科)子宮がんの種類
北海道勤医協友の会新聞2008年10月1日号より。2.19MB(04:41)


■2つの子宮がん

 そもそも「がん」とはどんな病気なのでしょうか。簡単に説明すると、細胞に何らかの刺激が加わり、突然変異の細胞ができるのががんの前段階で、前がん病変と言います。その突然変異の細胞が増えて進行した状態を「がん」と呼びます。

 子宮がんには、子宮の入り口付近、頚部に発生する「頚がん」と、子宮の奥(体部)に発生する「体がん」があります。頚がんは40代に発生のピークがありますが、体がんは50代と発生年齢に差があります。

■原因と症状

 子宮頚がんは発生の90%以上が、イボをつくるウイルスの一種であるパピローマウイルスの感染と関係があるとされています。つまり性行為により、このウイルスが子宮頚部に感染し、それが持続することで前がん病変から進行すると考えられています。

続きを読む
posted by kin-ikyo at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。