2008年04月30日

旅行を快適に 飛行機内での耳の痛み こまめに嚥下運動を

飛行機内での耳の痛み

 飛行機に乗ると気圧の変化で耳がとても痛くなることはありませんか?
 これはとてもつらい症状で、小さな子どもなどは訴えられず泣いていたりします。


続きを読む
posted by kin-ikyo at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗り物酔い 酔いやすい10歳前後 ガムなどかむと予防効果

旅行を快適に 乗り物酔い対策

 さあゴールデンウイーク。車や電車、飛行機など乗り物での道中はできるだけ快適にしたいもの。つらい乗り物酔いや、飛行機内での耳の痛みへの対処法を、北海道・勤医協中央病院耳鼻咽喉(いんこう)科の永沼久夫さんにアドバイスしてもらいました。

続きを読む
posted by kin-ikyo at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

繊維筋痛症

札幌クリニック所長 坂本和利
北海道勤医協友の会新聞2007年7月1日号より。2.55MB(05:34)

線維筋痛症診断基準

 2007年2月15日放送のUHBテレビに出演し、「繊維筋痛症」について患者さんの実態などを報告した札幌クリニックの坂本和利医師にお聞きしました。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ERHSE−世界を驚かせた究極の縮小手術

40年間に7〜10万人の胃の内部を覗いてきました。「好きなんです胃カメラが。好きで好きでたまらない」

ERHSEの操作の概要

北海道民医連新聞2007年4月12日号より。3.64MB(07:57)


 1983年、北海道勤医協中央病院から早期胃がん治療の画期的な技術が世に送り出されました。内視鏡下で病変部を切除するERHSE(HSE局注を併用した胃粘膜切除術)です。身体への侵襲を最小限にとどめる究極の「縮小手術」として、早期胃がん治療に新しい時代の幕開けを告げました。開発の中心になった平尾雅紀医師(66)=現在西区病院勤務=は「民医連だから開発できた」と言い切ります。
続きを読む
posted by kin-ikyo at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。