2010年11月26日

健康ウォッチ インフルエンザは早めに予防を

勤医協中央病院副院長 高桑良平 医師

インフルエンザは、突然現れる高熱、頭痛、関節痛など全身の症状が強いのが特徴で、肺炎などを併発し重症になることがあります。特に高齢で呼吸器などに慢性の病気をお持ちの方には十分な注意が必要です。今回、中央病院の高桑良平副院長に今年のインフルエンザの動向と予防などについて聞きました。

■また流行の季節が

昨年は春に新型インフルエンザが発生し、夏場も流行し、ワクチンが不足して秋から冬にかけても大忙しでした。行政の対応も遅れ気味で、それに病院が振り回されるように対応に追われる1年でした。それに引き替え、今年の夏はインフルエンザ騒動もなく、穏やかに過ごすことができました。

WHO (世界保健機構)は昨年の春から、新型インフルエンザを 「国際的に重要な公衆衛生上の事例」 として「パンデミック(汎発流行または世界流行)」という言葉を使用していましたが、今年の8月10日にそれを解除しました。はっとしたのもつかの間、暑かった夏が終わり、また、インフルエンザの季節がやってまいりました。

■今年の流行型は

さて、今年のインフルエンザは、昨年流行した新型インフルエンザ(H1N1)とA香港型(H3N2) とB型の流行が予想されています。新型インフルエンザは、昨年感染しなかった人も多数いるため、流行する可能性はまだまだ高いと予想されています。

■ワクチン接種について

勤医協の病院や診療所では、10月1日から今年もインフルエンザワクチンの接種を行っております。今年のワクチンは昨年のように2種類を打つ必要はなく1種類で済みます。数量も十分な量が製造されており、希望者にはお待たせすることなく接種することが可能です。

1歳未満では接種しても十分な免疫が得られない可能性が高いので対象にはなっていません。1歳以上のすべての人がインフルエンザワクチンを接種することが推奨されます。ただし、ワクチンは、感染や発病を完全に押さえるものではなく、重症化の予防です。65歳以上の接種に補助をしている自治体もありますので、最寄の医療機関などで確認して下さい。

持病のある方や、高齢の方は肺炎球菌ワクチンの接種も推奨されています。

■感染予防について

予防の基本は、例年と同じです。睡眠や栄養などに注意して体力を維持することです。

マスクの着用も重要です。昨年は、町中でもマスクを着用した人を多数見かけました、私は、そのことが、感染をずいぶん減らしたのではないかと考えます。手洗いも重要ですが、手ぬぐいの共用では感染することもあるので注意が必要です。うがいはあまり重要とは思いませんが、無駄ともいえません。ただし、うがいのコップの共用は危険です。

数十年に一度のパンデミックの翌年ということもあり、今シーズンのインフルエンザが、どのような流行となるのか、実際のところは予想が難しいと思います。

早めにワクチンを受けて、もし感染を疑ったら、マスクや手洗いを励行しながら、病院に相談することをおすすめします。

手の洗い方

(北海道勤医協友の会新聞2010年11月1日号より)
posted by kin-ikyo at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170766987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。