2010年09月12日

Field-note 北の自然 ヨトウムシ

field-note261ヨトウムシ

冷夏の予想とは裏腹に、例年になく暑い夏でしたね。昨年は寒さでさっぱりだった畑の野菜達も今年は生育が良かったようです。我が家にも畑があり、無農薬で野菜作りをしているといろんな虫たちがやってきます。アブラムシやナメクジなどはさして気にもしていないのですが、葉ものにつく毛虫類だけはちょっと困りもので、中でもヨトウガの幼虫は強烈です。写真はキャベツですが、見事に穴だらけですよね。これは1匹のヨトウガの幼虫がたったの一晩で食べたものなんです。この幼虫はとにかく食欲が旺盛で、日中は葉陰や土の中に隠れていて、夜になると出てきてキャベツや白菜などの葉ものを勢いよく食べます。「夜盗蛾」という名前はここからつけられました。

対策としては、窒素分の多い畑によく出るため、あまり肥料を入れすぎないこと、食べ跡を見かけたら見つけ出して捕殺する、ワナを作るなどの方法があります。ワナは、フタ付きの浅いプラスチックケースの横に入り口用の穴を開け、中に米ぬかを入れて野菜のそばに置いておきます。幼虫は米ぬかが大好物なので、近くにいれば入る可能性大です。お困りの方は試してみてください。

(北海道民医連新聞 2010年8月26日号より)
posted by kin-ikyo at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162373047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。