2010年08月01日

Field-note 北の自然 ヤチダモ

 field-note255ヤチダモ

 昔から日本人に愛されてきた花、サクラ。茶色い野山に真っ先に彩りを添えるから、薄紅色が綺麗など理由はいろいろあるでしょうが、葉よりも先に花が咲くというのもあるように思います。花と一緒に緑の葉が茂っていたら、ちょっと違っていたかもしれません。

 同じように春、葉が開く前に花を咲かせる樹木があります。ヤチダモという樹木で、写真はこれから開こうとしている雄花のつぼみです。「これ本当に花なの?」と疑いたくなってしまうような変わった風貌ですよね。まるで枝にくっついたトリュフのよう。これがほどけるように開いてくると、今度はまるで珊瑚のようないでたちになります。
 
 お世辞にも綺麗とは言えない地味な花なのであまり注目はされませんが、この樹木の枝には、初冬に産み付けられた卵から生まれた子どものユキムシたちが暮らしているはずです。今はまだ白い綿を身につけてはいませんが、脱皮を繰り返して大きくなり、6月下旬ごろから見慣れた姿のユキムシがちらほら姿を現し始めます。群れにならないので目立ちませんが、ユキムシは夏ごろから飛んでいるんですよ。

(北海道民医連新聞 2010年5月27日号より)
ラベル:ヤチダモ
posted by kin-ikyo at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。