2010年07月10日

健康ウォッチ 五月病(六月病)のはなし

健康ウォッチ 5月病の話

春は入学や入社、人事異動など大きく環境が変わる季節です。 
この春から新たな環境でスタートをきった方もいらっしやるのではないでしょうか?この時期にかかってしまいがちなのが、俗にいう「五月病」です。

◆五月病とは?

五月病は、正式な医療用語(診断名) ではありません。特に決まった定義や概念があるわけではありませんが、あえて病名をつけるのであれば「適応障害」に該当します。

 日本では70年代頃から「自分がやりたいことが分からない」という訴えをする学生がゴールデンウィーク明けに増え、五月病といわれはじめました。

 近年では、学生の五月病は減少しているようです。

◆六月病とも呼ばれる
代わって新社会人に五月病と同様の症状が見られるようになってきました。
新社会人の場合、研修が終わって実際の仕事を始めるようになった6月頃に症状が出ることが多いので「新五月病」たは「六月病」とも呼ばれています。

諸外国では、現実に直面して幻滅・挫折することから「リアリティ・ショック」と呼ばれます。

生活スタイルが多種多様となっている現代では、新入生・新社会人だけが、かかる病気ではなくなっています。新たな環境に飛び込む経験は、誰もが何回も経験するからです。中堅やベテラン社員、そしてその家族も、転勤や引っ越しなどの環境変化を引き金に、五月病と似たような症状を訴える方が増えてきています。

◆こんな症状にご用心

新しい仕事・生活に夢中になっている間は気づきませんが、それらがひと段落する頃に、気づかないうちに蓄積されていた心身の疲れが急に出たり、新しい環境になかなか慣れることができないストレスが貯まり、次のような症状が現われます。

●身体的症状
疲れやすい・朝起きられない・食欲がわかない・めまい・動悸・不眠・頭痛・腹痛・便秘など

●精神的症状
やる気が出ない・イライラする・落ち込んでいる・不安や焦りを感じるなど

●行動面の変化
お酒、タバコの量が増える・食べ過ぎる・遅刻する・事故にあうなど

◆五月病にならないためには

一番大切なことは、ストレスを一人で溜め込まないことです。その点をふまえて、次の点に気をつけてみてください。

●会話をしよう
誰でもいいので会話することを心がけましょう。悩みを聞いてもらうだけでも、貯まったストレスは減っていきます。

●気分転換をしよう
仕事や学校とは関係ない楽しみを見つけることによって、気持ちをリセットする時間を作りましょう。

●生活のリズムを取り戻す
GWなどの長い休みが続くと、生活のリズムが崩れてしまいがちです。十分な睡眠とバランスの取れた食事、規則正しい生活を心がけましょう。

●新たな目標の設定を
目標を達成してしまった人や、または見失ってしまった人は五月病にかかりやすいといわれています。「週末は1冊読書をしよう」「朝15分早く起きてストレッチをしよう」など、具体的で身近な目標を設定して、実行しましょう。

◆もしかして五月病と思ったら

五月病の症状がでてきたら、まずは前の4点を試してみましょう。

それができないほど進行していた場合は、一人で抱え込まず、周囲に助けを求めましょう。けっして恥ずかしいことではありません。

身近に五月病の疑いがある人がいるときは、励ましたり、焦らしたりは禁物です。本人が一番辛い状況にあります。本人の話にじっくりと耳を傾けて、温かく見守ってください。

生きていくうえで何度も経験する、新たな環境。それを乗り越えていくことは、人間的な成長にもつながります。

不調が2週間以上続くときや、対応に迷ったときは、専門家へ相談してみてください。無理をして長引くとうつになってしまう恐れもあります。話を聞いてもらうだけでも、早めの改善につながります。

まずはかかりつけの先生に相談してみましょう。

(北海道勤医協友の会新聞 2010年6月1日号より)
posted by kin-ikyo at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。