2010年05月04日

Field note 北の自然 ヨモギ

field-note 253

待ちに待った山菜のシーズンがやってきました。みなさんは、どの山菜がお好きですか? 私はダントツにヨモギです。これを食べないと春が来ないと思うくらいに大好き! 家の近くにはヨモギのたくさん摘める場所をしっかりと押さえてあります。そこはヨモギ畑とも呼べるほど一面に生え広がっていて、10分もあればカゴいっぱいに摘むことができます。これは、他の植物が発芽できないように、ヨモギが地下茎から化学物質を出しているためです。人間はその恩恵を受けているのですね。

ところで、以前沖縄旅行に行ったとき、スーパーの野菜コーナーに茎のすっかり伸びきったヨモギが並べてあるのを発見してびっくりしたことがあります。北海道では新芽しか食べないので、一体どうやって食べるのか不思議で仕方なかったのですが、葉を炊き込みご飯にきざんで入れたり、沖縄そばのトッピングにしたり、ヤギ肉を煮るときの臭み消しに使うことを後で知りました。ヨモギはとても栄養価が高く、特に鉄分はなんとホウレンソウの3倍もあります。沖縄の人に見習って、たくさん食べたいものですね。

(北海道民医連新聞 2010年4月22日号より)
タグ:ヨモギ
posted by kin-ikyo at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148738550
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。