2009年10月11日

新刊紹介 いまあなたにできる、50のこと 社会貢献、はじめの一歩

いまあなたにできる50のこと
できることがきっとあるはず


世界中で、戦争や貧富の格差、病で苦しんでいる人たちのために、「何かの役に立ちたい」と思ったとき、その善意をどうカタチにしたらいいか、わからない。本書刊行の動機が「はじめに」 のなかで、そう語られています。

「100円で…1平方bの地雷原をきれいにすることができます」「使い終わったランドセルを贈ると…机代わりにもなって喜ばれます」といった「50のこと」が紹介され、「これならわたしもできそう」 と思わせてくれます。同時に、「50のこと」を受け入れ、世界各地で人道支援活動にとりくむ50の支援団体(おもに、民間団体)が紹介されていることに目を見張りました。ボランティア活動や、海外に目を向けた活動が広がっていることはわかっていたつもりですが、初めて聞く団体も多く、驚きます。

その団体で活動している方々が寄せたコラムに、「なぜこれだけ人道支援活動が広がったのか」 の答があります。民医連が、働くものの医療福祉機関として、困難を抱える人々の 「いのちとくらし」 を守るために活動していることと、根底ではつながっていると感じます。なお、この本を買うと20円が難民援助への募金となります。(晃) (WAVW出版・1200円+税)

北海道民医連新聞2009年9月17日号より
posted by kin-ikyo at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130049214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。