2009年10月11日

ハワイからの便り その2

オーティスあゆみアメリカ通信

コンドミニアムは自炊が出来、洗濯も出来ます。人数が多い旅行や家族連れにはとても快適な場所です。ホテルの施設も兼ね備えているのでプールやレストラン、ビューティーサロンなどもあります。ただ私たちが泊まったコンドミニアムはハワイで1番最初に立てられた高層ホテルでイリカイホテルといいますが、出発する数日前に経営不振のため、ホテル部門が閉鎖するというハプニングもありました。とてもどきどきして行ったのですが、閉鎖の影響は無く、しかも経営者が変わって1週間後には再開しますとのお知らせもあり、なんてラッキーな私たち! とはしゃいでいました。

隣のヒルトンホテルでは毎夜フラダンス、ファイアーショーがあり、毎週金曜日には花火大会などが行われていました。ヒルトンが隣のホテルでよかった!全部無料でみさせていただきました!

人数が多くてベットが足りなかったのでエアーベットを2台ほど借りました。大人が2人でも寝れるくらいの大きさ。思いのほか場所をとりましたが、意外と快適で、子どもたちはとても気に入っていました。レンタル会社はネットで見つけましたが、日本人が経営する会社でした。

当日ベットを持ってきてくれたオーナーにちょっと話を聞いてみたんですが、「ハワイはバケーションで訪れるには最高の場所だけれど住むのは大変」 といっていました。

LOW賃金、HIGHコスト。収入の割に物価が高すぎて、2つや3つの仕事を掛け持ちしている人は、たくさんいるそうです。アパートや家などの家賃もかなり高いと話していました。

北海道民医連新聞2009年9月17日号より
タグ:ハワイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130047831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。