2009年07月09日

ティーンエージャー海ぐれる!? その2

オーティスあゆみアメリカ通信

裁判所から60時間のボランティア活動を命じられた海。ボランティア活動をする場所もほとんど決められています。海はその中の一つ、ホスピス医療機関が運営しているリサイクルショップで毎週末、ボランティアをしていました。

疑問なのは、裁判所から 「一緒につるんでいたほかの2人とはもう接触しないように!」 と言い渡されたのですが、そのリサイクルショップにその少年も来ていたこと。ありえなくないですか?接触するなといっておいて、驚きですよね。あいさつ程度の会話以上に進展することはなく、無事にボランティアを終了したので胸を撫で下ろしたのですが。

お店のオーナーから 「ヤーおかーさん、実にいい息子さんですねー! すばらしい!」 って、握手を求められたりなんかした私。少し複雑な気持ちでした。

60時間のボランティアはかなり堪えたようで 「もう絶対にしないよー」といっていました。迷惑をかけた学校にも謝罪の手紙を書いて持っていったそうです。これはあとから夫に聞いた話なんですが。

そして突然「野球を始めたい」と、地域の野球チーム「エンジェルズ」に加入し、ピッチャーをしています。張り切って野球を始めたせいか、一度、学校から「成績要注意」 の手紙をもらい 「ああ、学校のこと忘れてたなー」 なんてこともありましたが、学期末にはほとんどの教科が、まあそこそこの平均ラインになりました。(こちらの成績評価はA、B、C、D、Fになっています)

そして驚くことにオールスターメンバーに選ばれ、野球の遠征試合に忙しくなりそうな今年の海です。この記事を書くに当たり、本人の承諾を得るため説明したんですが「かーさんが僕のことを悪い意味で書くはずはないんで、好きに書いていいよ」といわれました。ただひとつ心配していたのは「(日本の)じじとばば、これを読んで泣いたりしないよね」 ということ。泣いてるかもしれませんね。

(北海道民医連新聞2009年6月25日号より)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123140777
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。