2009年12月25日

ツリバナ

Field-note 北の自然 ツリバナ

葉をすっかり落として休眠に入った樹木が、次世代をつなぐために枝先に残しているのが実です。中でもよく目立つのが写真のツリバナ(吊花)です。真っ赤な鞘がパカッと割れて、中から朱色の種がぶらんとぶら下がっている姿はユーモラスです。この実を食べるのは鳥たちで、バクリと食べた後、種はフンとなって地面に落とされ春に芽を出します。

ただひとつ気になるのが、実は種の上に薄い皮を一枚まとっているだけで、果肉というものがほとんど無いのです。ということは鳥にとって栄養になる部分がほとんど無いと言うことになります。それでも冬の終わりにはすっかり無くなるところをみると、鳥にとって何か特別な効用のある成分が含まれているのか、それともただ単においしそうな見た目に騙されているのか…。

いずれにせよ果肉を作らなくて良いというのはローコストで済むわけで、ツリバナに限らず、植物は効率よく子孫を残すために知恵を絞っているのです。

(北海道民医連新聞2009年12月10日号より)
タグ:ツリバナ
posted by kin-ikyo at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイプ

オーティスあゆみアメリカ通信

皆さん、スカイプってご存知ですか? パソコンにダウンロードして、パソコンを通して電話のように友人や家族と通話が出来るものです。

パソコンがあれば誰でも活用できるし、スカイプをダウンロードすればスカイプ同士は海外でも無料で通話が出来ます。パソコンにイヤフォンさえつければ簡単に会話が出来、更にウェブカメラをつけるとお互いの顔を見ながら会話も出来るんです。

かなり前からこのシステムはあったようですが、私が実際に自分のパソコンにダウンロードしたのはつい最近なんですね。イヤフォンも買って、これで無料で国際電話が…なんて思っていたんですが、うちの両親、パソコン持ってなかったんですよね。パソコンがないと出来ないんです。

で、友達は…と考えたら、日本の友達って皆、携帯ばかりでパソコン毎日開いてる人、いないんですよね〜。活用できないな〜なんて思っていたら、うちの旦那、スカイプで英会話を習おうという日本のサイトを見つけてきたんですよ。つまりスカイプを通じて海外にいる人と無料通話して英語を実際に聞いて学ぶっていうビジネスです。

で、旦那はその英語を教えるほうの仕事をそこで見つけたんですよね。一応履歴書を送ってみたといっています。時給にすると2500円くらいでしょうか? すごいいいですよね。でも、毎日フルタイムで…とはならないようです。日本と米国の時差を考えると、電話に対応できる時間帯が限られているし、まだまだ知らない人も多いビジネスですよね。どれくらいの生徒がそこにいるのかもよくわかっていないんですけどね。

でも私、 このビジネスを考えた人はすごくスマートな人だなーと感心してしまいました。英会話のスクールに行くより安いと思います。自分の都合の良い時間をスクールに行くよりは選べるだろうし、何せ自宅で出来ますよね。遠くにいるし、実際に会うことはないのだから、ちょっとシャイな日本人にはぴったりじゃないでしょうか。興味がある人はスカイプのサイトに行ってみてください。

(北海道民医連新聞2009年12月10日号より)
タグ:スカイプ

2009年12月23日

住み慣れた地域で暮らすために−90歳代夫婦に寄り添って

看護現場からの発信厚賀診療所スタッフ

厚賀診療所がある日高周辺は、人口減少と高齢化に悩む地域です。診療所は60年にわたり住民の健康と医療を守ってきました。「この地域でくらしたい」と願う90歳代の夫婦の事例を紹介します。

Tさん夫婦は、夫が96歳で要介護2、主な病歴は高血圧症。妻は94歳で要介護1、主な病歴は両膝変形性膝関節症です。厚賀診療所から車で30分ほど離れた山里に二人で住んでいます。

月1回の定期受診は、診療所からの送迎バスを利用しています。妻はデイサービスを月2回利用しています。毎日、妻は食事の支度や掃除などの家事、夫は自宅用の畑作りと薪拾いなどをしています。それ以外の外出は、ほとんどありません。

たまに遠方に住む息子夫婦が、買い物の支援を行ってくれています。日常必需品や食料品は月2回、30分ほど離れた厚賀町にある農協ストアヘ電話注文して届けてもらっています。

北海道は現在、中心都市である札幌への人口一極集中によって、地方が疲弊している状態です。Tさん夫婦は過疎地域という条件の中で、何故これまで2人で生活し続けられたのでしょうか?

「2人で居るうちは、できるだけ子どもたちには迷惑をかけたくない」という思いと、送迎などの支援により、慢性疾患を継続して管理できていることで、大きな病気を未然に防いでこられたことにあると思います。

加えて地域性として北海道のなかでも日高地方は気温が氷点下でも、雪が少なく比較的住みやすいこともあります。

しかし、自宅前の小高い丘を越えなければ郵便局にも行けません。歳を重ねるごとに、生活面での不自由が増えてきました。

公共の足であるバスは、自宅から離れた場所にしか停留所が無く、利用できません。現在、私たちは、小型バスで各住民宅の玄関まで走る地域密着型で住民目線の福祉バスのようなものを検討するよう、自治体に働きかけています。

Tさん夫婦は、口ぐせのように「厚賀診療所は来年もまだあるよね」と私たちに言います。診療所を信頼し、無くなっては大変だとの思いから出る言葉に応えていきたいです。

住み慣れた地域で暮らし続けてもらうため、私たちにできることを考え、支援し続けたいと思います。(厚賀診療所 看護師 山下明美)

(勤医協新聞2009年12月11日号より)
タグ:高齢者夫婦
posted by kin-ikyo at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康ウォッチ 乾燥性皮膚炎のはなし

勤医協札幌病院皮膚科科長 加藤優子

本格的な冬がやって来ました。暖房機器が手放せないこの時期は、外も部屋の中も空気が乾燥しているため、私たちの皮膚も乾燥しがちです。冬に起こるかゆみのほとんどが乾燥肌によるものですが、ちょっとした生活の工夫とお肌のお手入れで防ぐことができます。

■皮膚の潤いはどのように保たれているの?

皮膚では、汗腺から出る水分と皮脂腺から出る脂分が混ざった皮脂膜や、天然保湿因子…NMF (※1)が存在し、皮膚表面の角質層を覆って水分の蒸発を防いでいます。加えて皮膚の細胞自体がつくる脂分が細胞間脂質(※2) となり、水分を保つのに役立っています。ところが肌質や空気の乾燥など外部からの刺激で、これらの機能がうまく働かなくなると、皮膚の水分が蒸発してカサつきが起こります。

※1
天然保湿因子…NMF(Natural-Moisturizing-Factor) アミノ酸やミネラルなど、水となじみがよく、水分保持力を持った物質の総称。肌自身がつくりだす保湿成分です。
※2
細胞間脂質…角質層のまわりにある脂質。細胞同士を密着させ角質層の水分保持を行います。セラミドと呼ばれています。

健康な肌とバリア機能が低下した肌

■季節や年齢によるお肌の変化は?

皮膚の水分量は、気温が低下し空気が乾燥する1〜2月に最も少なくなり、皮脂量も秋から冬にかけて急激に減少します。

乾燥した皮膚は、角質層がけば立ち、外部からの刺激を受けやすくなります。さらに高齢になると、皮膚の新陳代謝の働きが衰え、皮脂の分泌量も減ってきます。そのため一層の乾燥が進み、かゆみや湿疹が出ることがあります。

また女性の場合、20歳代後半〜30歳代にかけて、脂性肌から乾燥肌へ肌質が変わることが多く、若い頃と同じケアを続けていると、トラブルが起こりやすくなります。

■乾燥肌の予防と治療は?

スキンケアで一番大切なのは、入浴方法と保湿剤の使い方です。熱いお湯や長湯は皮膚の温度が上がり過ぎて、かゆみが増しますので控えましょう。

体を洗うときはナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと、角質層が剥がれ落ちて乾燥が進みます。石鹸などを良く泡立てて (市販されている泡立て用ネットを使う方法もあります)、手で直接なで洗いしましょう。

手が届きにくいところは、柔らかなタオルでそっと洗います。石鹸やシャンプーは、出来れば弱酸性の低刺激なものを使うと良いでしょう。

■乾燥肌を防ぐ生活の工夫

@室内の乾燥に注意する。加湿器を置くなどの工夫をしましょう(濡れたタオルなどを干すことも有効です)。

Aこたつや電気毛布を長時間使用しないようにしましょう。

B刺激物や香辛料、古い食用油(過酸化脂質)によってかゆみが増すことがあるので注意しましょう。

C肌に直接触れる衣類は木綿など刺激の少ない素材を選びましょう。

D衣類を洗濯するときは、洗剤分が残らないようよくすすぎましょう。

E睡眠を十分にとるようにしましょう。

Fたばこは吸い過ぎないようにしましょう。

Gストレス・過労を避けるようにしましょう。

この8つのことを日常生活で工夫すると乾燥肌を防ぐことができます。

保湿剤は汗や汚れを落としてから使用してください。特に入浴直後は角質層が十分うるおっているので、水分を逃さない効果が加わり、お勧めです。すり込まずに薄くのばして塗りましょう。

■乾燥肌を放っておくとどうなるの?

皮膚の乾燥を放置すると、コジワやくすみなど皮膚老化の原因になったり、湿疹のあとがシミになって残ることもあります。

皮膚の乾燥が進行すると、かゆみが非常に強くなります。かゆみを我慢できずにかいてしまうと、皮膚表面の皮脂膜や角質層がはがれ、外部からの刺激を受けやすくなってしまう可能性があります。そのような場合は、早めに皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科では保湿剤の他に、湿疹などの強い炎症を鎮めるステロイド外用薬や、強いかゆみを抑える抗ヒスタミン内服薬などを処方することが多いです。医師とよく相談して、薬は正しく使うことが大切です。

(北海道勤医協友の会新聞2009年12月1日号より)
posted by kin-ikyo at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

新刊紹介 さっぽろのタコ部屋-このままでは殺される-札幌郷土を掘る会

さっぽろのタコ部屋今日の問題にも通底

戦前、北海道の河川・道路などの土木工事は、その多くが「タコ部屋労働」といわれる強制労働や、朝鮮人・中国人の強制労働によって担われました。馴染みある地名が登場しますが、そこで行われていた労働は過酷なものでした。脱走者は見せしめ集団リンチにあい、生き埋めにされた遺体は今も山林に埋められたままです。

集団リンチ目撃者や逃亡者の手助けをした人々が語る 「タコ部屋」 の証言は生々しく、読みながら痛みを感じるほど。極限まで人間を抑圧し、逃げ出せば撲殺される人権無視の実態が暴かれています。タコ部屋労働者は中国や朝鮮からもかき集められ、差別を受けた朝鮮人が、「俺は人間だ」と叫んで袋叩きにされたことも記録されています。

周旋屋にだまされ、前借金をした労働者が、住みこみで過酷な肉体労働を強いられ、逃げだせない…それは現代にも通ずるものがあります。「逃亡は逆境から生きようとする積極的行為。逃亡者らから学ぶこともあるはず」 − 過去を学び、悲劇を繰り返さぬよう本書は呼びかけています。(渋)(札幌郷土を掘る会・1000円)

(北海道民医連新聞2009年11月26日号より)
タグ:タコ部屋
posted by kin-ikyo at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

field-note 北の自然 ペリット

Field-note 北の自然 ペリット

タカやフクロウなどの猛禽類と呼ばれる鳥たちは、ネズミや小鳥、昆虫が大好き。堅い骨や羽、殻があってもへっちゃらで、丸ごとバリバリ食べてしまいます。でもそのままフンと一緒に出すにはちょっと具合が悪い。そこでどうするのかと言うと、丸めて口からペッと吐き出してしまうのです。それがペリット(写真)と呼ばれるもので、一見動物のフンに似ていますが、粘土状のものが含まれるフンに対して、ペリットは全てが未消化物でできているため見分けがつきます。写真のペリットは森め中で見つけたもので、ほぐしてみるとネズミの毛や骨、少量の小鳥の羽が入っていました。環境や内容から言って、おそらくフクロウのものでしょう。

他にもペリットを吐くものに、カラスやカモメ、カワセミなどがいます。大きさや内容、落ちていた環境から、どの鳥のものなのかが推測できるし、その鳥の意外な一面が見つかることもあります。ペリットは鳥たちの生活を知る、有力な手がかりなのです。

(北海道民医連新聞2009年11月26日号より)
タグ:ペリット
posted by kin-ikyo at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

冬、到来

オーティスあゆみアメリカ通信

寒さが募る北海道なんでしょうね。こちらも確かに寒くはなってはいますが、そちらの秋、たまに晩夏という感じの季節です。信じられないのは私がセーターを着たり冬のジャケットを着ているのに、タンクトップで買い物とかしているアメリカ人を見かけること。それも1人や2人じゃないんです。やっぱ、あの脂肪の下には何かが隠されているんでしょうかね? 不思議でなりません。

さて、アメリカはこれから年が明けるまでといってもいいほど、ショッピングが最高に盛り上がる季節です。まず26日の木曜はサンクスギビングデイ。感謝祭で、ホリデーです。遠くにいる家族達も皆集まってターキーを食べるんですよね。なのでそれにむけていっせいにセールが始まるんです。そして1年で一番のスーパーセールがサンクスギビングデイの翌日。朝6時からオープンでスーパーセールです。何せ駐車場があっという間に埋まってしまうため、その駐車場の場所をとるために朝4時から集まり始めるらしいです。日本の運動会の場所取り? いや、もっとでしょうか? そのスーパーセールで、クリスマスに向けてのプレゼント買いがスタートするんですよ。なんといっても年に一度の大プレゼント交換日ですからね。このスーパーセールを活用しない手はないと、たくさんの人が集まってくるわけです。

そしてクリスマスが近くなってくると、週末の買い物は苦痛以外の何物でもなくなります。何せどこの駐車場も一杯で、道路は渋滞、駐車場はないといったら最悪ですよね。うっかりショッピングモールヘなんて、クリスマス間近に出かけてしまったら、車から一度も降りてないのに2時間くらいは、かる〜く過ぎ去っていくことが普通です。

北海道のように寒さで冬を感じる季節、サンタローザでは買物に行きかう人々の混雑で、冬の到来を感じます。

(北海道民医連新聞 2009年11月26日号より)

新刊紹介 冬の兵士 イラク・アフガン帰還兵が語る戦場の真実 反戦イラク帰還兵の会

冬の兵士日本人は直視する責任

2004年に発足した反戦イラク帰還兵の会が、昨年3月に 「冬の兵士」と題する公聴会を行いました。本書は、その公聴会で証言台に立った50人以上の帰還兵とその家族、そしてイラクの民間人の証言をまとめたものです。

公聴会は米国内のすべての大手メディアに取材を拒否されました。しかし、帰還兵の会を支援する多くの人たちの手によって陽の目を見ることができました。

「我が隊の車列は斬首されて道路脇に放置された死体に何度か行きあたりました。このような死体に出くわしたときの標準的手順は死体を車で轢いて進むことでしたが、ときにはわざわざ車を止めて死体と一緒に写真をとりました」

証言は耳をふさぎ、目を覆いたくなるものばかりです。しかし米軍の配下として自衛隊を派兵した日本人は、「この人たちの物語から目をそむけてはならない。それはあなたの物語でもあるのだから」(「はじめに」)。その指摘を胸に刻んで一読することを勧めます。

公聴会はドキュメンタリー映画にもなっています(監督・田保寿一)。DVD(3000円)はhttp://wintersoldier.web.fc2.comから申し込めます。(晃)(岩波書店・1900円+税)

(北海道民医連新聞 2009年11月12日号より)
タグ:イラク戦争
posted by kin-ikyo at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

field-note 北の自然 オカダンゴムシ

Field-note北の自然243

明治時代に、ユーラシア大陸から渡来物に紛れてやってきたオカダンゴムシ。今では日本全国に広く生息しています。手のひらに乗せると、まん丸のチョコボールのようになって可愛いですよね。彼らはエビやカニと同じ甲殻類の仲間で、堅い甲羅に覆われているところがよく似ています。

丸まる習性には、二つのわけがあります。ひとつはアルマジロのようにお腹の部分を隠して敵から身を守るため。もうひとつは、乾燥を防ぐためです。というのも彼らは乾燥に弱く、夏の暑さが大の苦手。暑くなると 「こりゃたまらん!」とばかりに、石や落ち葉の下に潜って丸くなってしのぎます。おそらく彼らの祖先はもともと海の中に暮らしていて、段々と陸上生活ができるように進化してきたのでしょう。乾燥に弱いのは、海で生活していた名残なのかもしれません。

冬は、地上から数センチの土の中に潜って冬眠します。今頃はもう眠りについているかもしれませんね。来年の春までゆっくりお休みなさい。

(北海道民医連新聞 2009年11月12日号より)
posted by kin-ikyo at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

増加し続ける無保険者

オーティスあゆみアメリカ通信

米国民の15.4%は健康保険に加入していません。米国市民権を持たない人々の44.7%は無保険、米国人口の5人に1人は保険に加入していない計算です。

私の働く老人ホームでは自分が加入する保険の追加、変更などが1年に1回しかできません。途中で変更しようと思っても、毎年10月にやってくる 「ベネフィットディ」まで変更できないので待たなければなりません。今年は子供たち2人を私の保険に追加しようと思いました。今は自分1人だけで、健康保険に毎月12000円、歯医者に3500円、眼科に1000円払っています。ここに子供を加入させると健康保険3万円、歯医者1万円、眼科2000円、月々の支払い総額は42000円になるといわれました。保険に加入しても毎回医者にかかると、窓口で1500円は必ず取られます。

この保険には2種類選択があって、私が加入していたのは高いほうの保険。これよりぐんと安いほうにすると、年間にカバーしてくれる金額が制限されて、それを超えると支払いはすべて自己負担になるというシステム。絶対病気をしないとなればこちらのほうが確かにお得ですが、そんな約束、誰ができますか?保険屋さんは、もし何かあって1回でも入院、あるいは手術なんてことになると、この安い方の保険ではすぐに上限を超えるので自己負担は確実です! と言い切っていました。病気にならないなら断然お得なんです! とも…。これって保険をかける意味がないような…。結局、子供たちを歯科の保険にだけ加入させて今年の「ベネフィットディ」を終了しました。

こっちの保険は健康保険、歯科、眼科と全部別物になっていてこれまたややこしい限り。歯科の保険もPPO、HMOとさっぱりわからない選択が2つあって、安いほうにすると、意外とカバーはいろいろきいて良いのですが、そこに加入している歯医者が限定されていて、サンタローザ市内には1軒。でもそこは一般歯科なので、もし抜歯が必要になると市内ではいける歯科医がないので違う市まで行かなくてはいけません。言ってる意味わかります?そんなこと普通日本じゃありえないですよね? こんな込み入ってる保険、加入しない人、加入できない人が増える理由がよくわかります。

(北海道民医連新聞2009年11月12日号より)

2009年12月05日

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎について、永沼久夫(勤医協中央病院耳鼻咽喉科科長)が4回にわけてお話しします。

81.3MHzFMさっぽろ村ラジオ「健康と医療の広場」2009年11月4日放送。4.1MB(8:57)

81.3MHzFMさっぽろ村ラジオ「健康と医療の広場」2009年11月11日放送。4.82MB(10:31)

81.3MHzFMさっぽろ村ラジオ「健康と医療の広場」2009年11月18日放送。3.72MB(8:07)

81.3MHzFMさっぽろ村ラジオ「健康と医療の広場」2009年11月25日放送。4.53MB(9:53)

2009年12月04日

認知症・胃がん末期を支えた家族から学んだこと

看護現場からの発信
勤医協苫小牧病院外来スタッフ

苫小牧病院では、月約60件の往診を行っています。そのほとんどが80歳以上の高齢者で、自宅で最期を迎える患者さんも少なくありません。私たちは昨年、往診患者でありアルツハイマー型認知症で胃がん末期と宣告され、自宅で最期を迎える事を選択した家族とのかかわりを紹介します。

M氏(60歳代・男性) の認知症は、5歳児と同じレベルでした。とにかく歩くことに執着し、何十キロも早足で歩き、時には帰宅できなくなり警察に保護されることもありました。目離しのできないM氏を妻は、「認知症にしてもがんにしても、なぜもっと早く気付いてあげられなかったのだろう」 と自分を責め続けていました。デイサービスの勧めに対して 「デイサービスに追いやって自分が楽をしようとしていると思うのでは」 と悩み、不安でこっそり見に行き、みんなの輪の中で楽しんでいるM氏の姿を見てやっと安心していました。

M氏の予後が1年と告知されたとき妻は、「好きなことをさせてあげたい」 と、歌うことが好きだったので近所のカラオケへ一緒に行くなど、M氏との残された時間を悩みながらも楽しく過ごせるようにしていました。

終末期、M氏の意識が薄れる中「何もしてやれない、見ているのが辛い」「病院だったら何か違う事ができるかなと思って」 と入院を一時希望しましたが、自宅での最期を選択し妻と娘2人は、M氏のかたわらを片時も離れず最期の夜を過ごしました。

後日、ご自宅を訪問すると妻は、「夫の兄弟から、家で最期まで看てくれてありがとうと言われた」「やっと夫の写真を落ち着いて見られる様になった。自分でも本当に良かったと思っている」 と、後悔の言葉は一切聞かれませんでした。

私たちはM氏の家族を通して、がんの告知・治療・療養生活の全過程で様ざまな感情を抱き、常に揺れ動きながら患者に代わって選択を迫られ決断してゆく家族の想いを理解できました。同時に 「身近な存在として医療者がいる」重要さも学びました。

私たちは 「今家族に起こっている問題は何か」「それによる家族の想い」 を聞き取る中で、家族間のこれまでの生活の歴史、相互のつながりを知り、家族の苦悩・迷いを認識し、家族それぞれの代弁者として、家族間をサポートすることの重要性を学ぶことができました。これからも、看護師集団として成長していきたいと思っています。 (勤医協苫小牧病院看護師 大西 敦子)

 (勤医協新聞2009年11月11日号より)
posted by kin-ikyo at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 看護現場からの発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

健康ウォッチ 一歩進んだウオーキングのはなし

勤医協中央病整形外科院大川匡科長

■メタボとロコモ

日本の人口は減少に転じ、団塊世代がリタイアする年齢となりました。高齢者の数も比率も、ますます増えて行きます。自立していきいきと暮らすには健康が欠かせません。

実際、介護を受ける人は増えています。その原因はさまざまですが、脳卒中23.3%、心疾患4.3%、糖尿病2.7%=30.3%はメタボ(※1)が原因で、衰弱13.6%、関節疾患12.2%、骨折転倒9.3%=35.1%はロコモ(※2)が原因です。認知症14.0%とメタボ、ロコモは要介護の3大要困です。(数値はH19年国民生活基礎調査による)

ウオーキングを始める前にロコモチェックしてみましょう。「5つのロコモチェック」心当たりはありませんか?

(1)片脚立ちで靴下がはけない
(2)家の中でつまずいたり滑ったりする
(3)階段を上るのに手すりが必要である
(4)横断歩道を青信号で渡りきれない
(5)15分くらい続けて歩けない

ひとつでも心当たりがあればロコモの疑いあり。健康づくりのウオーキングで転倒骨折したり、膝を痛めてしまうかも知れません。お近くの日整会認定運動器リハビリテーション医、または中央病院整形外科(堺、大川、中田ほか) に、ご相談ください。安全に足腰を強化するロコトレ (ロコモーショントレーニング)をお勧めします。

■ウオーキングは一番身近な運動

ロコモチェックは大丈夫でしたか? それではメタボ予防・対策にレッツ・ウオーキング!

メタボは内臓脂肪過剰が始まり。脂肪を燃やす、体を動かす習慣をつけましょう。運動そのものでエネルギーを消費するだけでなく、身体機能が活性化したりすることにより、血糖や脂質がたくさん消費されるようになり、内臓脂肪が減少しやすくなります。その結果、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります。ウオーキングはいちばん身近な運動。何も買わなくてもどこへ行かなくとも始められます。

まずはプラス1000歩を目標に、今よりすこしだけ、たくさん歩いてみましょう。1000歩はおよそ10分です。こまめに動いて家事をすれば、それだけでも1日1000歩ぐらいは増やせます。拭き掃除でも物干しでも、買い物や友達の家を訪ねても良いではありませんか。歩数計があれば、こまめに歩いた成果が数値で見えます。数値目標を立てるのも励みになります。だんだんと増やして1日1万歩を目指しましょう。

■さらにしっかり歩きたい方は

さらにしっかり歩きたいならば、運動靴(スニーカー) を履きましょう。とはいえメタボ対策運動はきつくないようするのがコツ。きつい運動は短時間しかできないのでカロリーを消費しない、血圧が上がる、関節の故障を招くなど、中高年のメタボ対策には逆効果です。鼻歌を歌いながらできるぐらいが良い加減。やや楽〜ややきついくらいで、会話や景色を見るなどの余裕があり、30分以上続けられること。ふつうの歩きは 毎分65mぐらい。糖尿病の方は食後20〜30分頃にふつう歩きがよいです。高血圧の方は力まない。階段登りなどきつい運動は血圧が上がります。冬は寒さを避けて大きなショッピングセンターの中を歩くのがよいでしょう。

高脂血症には速歩が向いています。速歩は毎分100m。(図1)のように肘を曲げ歩幅を大きく、足を伸ばして歩きます。両手にストックを持って歩くノルディック・ウオーキングもいいですね。腕の運動も加わるので、カロリーの消費が多く肩こりが軽くなることもあります。さらに両手に杖のおかげで転倒する危険が少なくなります。(専用のストックは、お値段がはります)

骨粗しょう症の方には「どすんどすんウオーキング」。少し衝撃的な力を加えることで骨が丈夫になります。太腿から足を上げ、足裏全体でどんと降ろします。まずは椅子に座ってやってみましょう。左右それぞれ15回。なれたら腿上げ・膝上げでどすんと足裏全体を降ろして歩いてみましょう。

どうか健康づくりで体をこわさないでください。胸が締め付けられる感じや異常な汗がでたときは、メディカル・チェックを受けましょう。狭心症・心筋梗塞の可能性があります。膝や足関節が痛いときはレントゲンを撮りましょう。すでに関節症なのかもしれません。少しずつ距離と強度をアップして、レッツ・ウオーキング!

速歩の理想的なフォーム

(※1)メタボ:メタボリック症候群
糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、ぉなかのまわの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大き<かかわるものであることがわかってきました。

内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタポリック症候群(内臓脂肪症候群)といいます。

内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです。

しかも、「血糖値や血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。メタボを防ぐには一に運動、二に食事、しつかり禁煙、最後に薬です。

(※2)ロコモティブ症候群
運動器の障害すなわち骨折や関節症などで寝たきりになる危険性が高いことをロコモティブ症候群といいます。

蒸気機関車SLは…Steam(蒸気)Locomotive(機関車)。
手足など動くための器管「運動器‥Locomotive organ」。

(北海道勤医協友の会新聞2009年11月01日号より)
posted by kin-ikyo at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Field-note 北の自然 ヌスビトハギ

Field-note 北の自然 ヌスビトハギ

 秋は、植物の種子が旅立つ季節です。風に乗って飛ばされるもの、水に流されるもの、実がはじけ飛ぶもの、甘い実が鳥や動物たちに食べられて運ばれるもの。自らは動くことのできない植物たちが、より遠くに自分の子孫を分散させるためにうまく工夫を凝らした結果がそれぞれの種子の姿なのです。

 種子の中には「ひっつき虫」とか「どろばう」と呼ばれ親しまれているものがあります。その名の通り、動物の毛や人間の衣類にくっついて運ばれるためで、秋の野山に行くと必ずと言っていいほど、くっつけて帰ってきてしまいます。

 ひっつき虫にはいろいろな種類があって形も様々ですが、そのひとつにヌスビトハギがあります。まるでサングラスのような形ですね。名の由来には二つの説があって、ひとつは足袋を 履いた盗人が、忍び足で歩いた足跡に見立てたという説、もうひとつは、知らぬ間にそっと後をつけてくるからという説があります。どちらにせよ、一度聞くと忘れられない名前です。

(北海道民医連新聞 2009年10月22日号より)
posted by kin-ikyo at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Field-note 北の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊紹介 笑って死ねる病院 テレビ金沢

笑って死ねる病医医療の平等を貫いて

 2008年6月に日本テレビ系列で放送されたテレビ金沢制作「笑って死ねる病院」が本になりました。

 番組は石川民医連・城北病院が、終末期の患者に寄り添って希望をかなえていく様子を紹介したもので、放映後に大きな反響を呼びました。書籍化にあたり、放送された2人の患者さんに加え、新たに4人のエピソードを紹介しています。

 34歳の若さで胃がんでなくなった男性。最後にパチンコをしたいと希望し、医師や看護師が付き添ってパチンコ屋に行きます。看護師2人は大音響に驚き、思わず耳を塞ぎますが、患者のためなら濁った空気も苦にしません。約2時間、男性は痛み止めもなしに無心に玉を打ち続けました。

 ALS (筋萎縮性側索硬化症)の49歳の女性。人工呼吸器をつけ、娘さんの結婚式に参列する様子や、参列するまでの葛藤が克明に描かれます。

 死を前にした患者さんの思いが胸に迫り、患者さんに寄りそう医師や看護師たちの姿に涙が出ます。「医療の平等」を貫き通す城北病院職員集団が、同じ民医連の仲間であることを誇らしく感じます。医療制度の矛盾も声高にではなく告発しており、改善に向けて、闘志も湧いてきます。(子)(ワニブックスPLUS・760円+税)

(北海道民医連新聞 2009年10月22日号より)
posted by kin-ikyo at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。